恋愛

青春と胸キュンが詰まってる!爽やかな疾走感溢れる漫画「アオハライド」

過去を振り返って「青春だった!」と思える恋愛はありますか?

青春時代の初々しい恋愛は、ときめきで溢れていて

その時期にしか経験できない恋愛です。

大人になってから振り返った時

どんな結果であろうと相手に精一杯向き合った恋愛はいい思い出になります。

でも学生の頃、部活や勉強に熱中していて

そもそも好きな人すらできなかった、ということもあります。

青春時代に恋愛を楽しめなかったとしても

大人になってから青春を体感することが漫画でできるんです。

今回は「アオハライド」をご紹介したいと思います。

タイトルは「アオハル(青春)」+「ライド」で「青春に一生懸命乗っていく」という意味の造語だそうです。

この漫画の世界では、キラキラとした青春が詰まっています。

恋愛を楽しんだことがなくても、

主人公と一緒に青春時代の恋愛と胸キュンを体感できるので

もう一度高校生に戻ったような気持ちになれます。

そんな青春にのれる漫画「アオハライド」をご紹介していきますね。

 

「アオハライド」ってどんな漫画?

作品名:アオハライド
作者:咲坂伊織
出版社:集英社
掲載誌:別冊マーガレット
コミック:13巻(完結)
内容:高1の双葉には中学時代から忘れられない初恋の人、「田中くん」がいる。中学のとき女子に、はぶられた経験から自分を偽って日々過ごしている。そんな時に「田中くん」を思わせる男子に出会う。熱く青く一生懸命にぶつかりあう高校生活グラフィティ!

この作品もアニメ化、実写映画化されており

多くの人が楽しんで読んでいる作品なんですよね。

【「アオハライド」を電子書籍で読む】

ebookjapan
BookLive!
コミックシーモア
honto
Renta!
BookWalker
Rakuten Kobo
Amazon kindle

スマホで漫画を読もう

スマホでも漫画が読めるサービスが便利でよく使ってます。

実は、いろいろなサービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話はこちら

あらすじ

中学生時代のとき、男子が苦手な双葉だったが『田中くん』だけは女の子みたいで特別だったので大丈夫だった。ある事がきっかけでよく目が合うようになる。そして自分の恋心に気づく。夏休み中に夏祭りに行く約束をするが、田中くんは来なかった。夏休みが明けると田中くんは転校していた。控えめな性格だった事もあり男子からモテていたが、それが原因で女子達にハブられてしまい、辛い中学生時代を過ごした。高校では女子に嫌われないようにと、わざとがさつに振舞う双葉は、想いを伝えることさえできなかった中学時代の淡い初恋の相手『田中くん』と高校で再会する。しかし、田中くんは中学生の時の性格と変わっていた。

出典元:wikipedia

登場人物

吉岡 双葉(よしおか ふたば)

本作の主人公。

男子が苦手で大人しくしていたら、中学2年のときに女子から「猫をかぶっている」と疎まれ、卒業まで孤立した。

そのトラウマから高校では女子に嫌われないように自分を偽って、

ガサツに振る舞うようにしていた。

中学時代、隣のクラスにいた後述の『田中くん(田中 洸)』に対し、

ほのかに恋心を抱いていた。

しかし、彼の突然の転校により何も伝えられないまま終わってしまった。

馬渕 洸(まぶち こう)

旧姓は田中で双葉の初恋相手。両親の離婚により中学1年生の夏休みに長崎に転校した。

中学時代は爽やかな青年だったが、高校生になってから、クールで意地悪。

しかし、実際は優しい。

槙田 悠里(まきた ゆうり)

高校1、2年生の時の双葉のクラスメイトで友達。

1年生の時に、男子の前で緊張してしまうところを「ぶりっ子」と言われ

一部の女子から疎まれていて友達がおらず、1人で昼ごはんも食べていた。

2年生になってからは双葉達と仲良くなる。

2年生の時に洸と関わるきっかけがあり、その時に好きになる。

洸が双葉を好きなことに気づき、次第にもやもやとした感情を持つ。

妹のような感じでふんわりとした外見だが、

自分の芯はきちんと持っている、思いやりのあるいい子である。

村尾 修子(むらお しゅうこ)

双葉のクラスメイト。美人でこびない一匹狼タイプ。

洸の兄である田中先生のことが好きで、一途に思い続ける。

クールに見えるが心優しく、双葉達に次第に打ち解けていく。

小湊 亜耶(こみなと あや)

2年のときの双葉のクラスメイトの男子で、明るく楽天家。

修子のことは1年生の頃から好きで、田中先生のことを嫌悪している。

洸が本音を語れる友達。

田中 陽一(たなか よういち)

洸の兄で、特進クラスの担任。

成績が下がったり、夜中に1人でどこかへ行ったりする洸のことをとても心配している。

洸が中学生のときに「吉岡双葉」とノートに書いているところを見ていたため、

双葉が好きなことを知っている。

胸キュンせずにはいられない!

この漫画は胸キュン要素がたくさん詰まっているので

読めば読むほど、ときめいてしまうんです。

初々しい恋愛に胸キュン

双葉と洸は中学生の頃、お互いに少し意識し合っていた関係性です。

中学生というと異性に積極的にアプローチする勇気もなかなか出ず

挨拶するのも緊張してしまうようなお年頃で

そんな初々しさが可愛らしいんですよね。

双葉は中学生の頃、男の子が嫌いでしたが

関わりが多くあるわけではなくても、

同い年の洸だけは他の子とは違って、なんとなく気になる存在だったんですよね。

ある時、男女複数人でドロケイをしたときに2人の距離が少し縮まり

それから2人の関係性が少し変わります。

学校で目があった時には一度そらしてから

お互いまた目を合わせるようになったんです。

何か話すわけではなく目を合わせるだけの関係性で、こんなに特別感を感じられるのも

学生の恋愛だからなんですよね。

双葉も洸もお互い意識しあっている様子や心情が丁寧に描かれているので、

そんな絶妙な関係性のドキドキが伝わってくるんです。

2人の気持ちが変化していく様子もしっかり描写されるので

揺れ動く気持ちの展開が早くても読者を置いてけぼりにせず

感情をのせながら楽しめる作品なんですよ。

初恋の相手との再会に胸キュン

中学生の頃の初恋の相手である洸は、夏休みの間に突然引っ越してしまってしまいます。

夏休み中の夏祭りに行こうと誘われたけれど、待ち合わせには来なくて

結局その後も一度も会えなかったんです。

そんな風に双葉の淡い初恋は突然終わってしまうのですが

高校生になってから、洸と再開します。

初恋の相手と高校生になってからの再会なんて、何か起こりそうな感じがしますよね。

案の定、洸も双葉を覚えていたのですが、双葉が知っている洸とは少し雰囲気が変わっていたんです。

中学生の頃は爽やかで優しい感じだったのに、少し意地悪で冷たい態度を取るんです。

そんな洸にドキマギしながらも、2人は少しずつ関係を縮めていきます。

徐々に中学生の頃突然引越したり、意地悪な態度をとったりした理由も明らかになっていくんです。

「初恋の相手」という設定は、初めて純粋な気持ちで好きになった相手なので

特別な相手ですよね。

そんな相手とまた始まる恋愛、という設定が素敵で

胸キュンせずにはいられないんです。

青春全部詰まった漫画!

青春は常に全力で、どこか切なくて、キラキラしたものです。

そんな一瞬一瞬が全て詰まってます。

少しのすれ違いで思いが通じないもどかしさ

双葉も洸も両思いになりそうでならない、そんなもどかしい関係を続けます。

中学生の頃、お互い気になってはいたけれども

突然の引っ越しでその関係に終わりを迎えます。

再会した時、洸から中学の時に好きだったことを告げられますが、

今はそんな気持ちはないことを冷たく言い放たれてしまいます。

夏休みの中に洸は引っ越してしまったのですが、

夏休みの間にある夏祭りに2人で行こうと約束していたんでです。

もし、2人が夏祭りに行っていたら

引っ越してからも連絡を続けられていたかもしれません。

その後も洸が双葉を気になり始めた時に、双葉は違う人に気持ちが向いていたり

2人の気持ちはシーソーゲームのように揺れ動いていきます。

あと少しで思いが通じそうなのに、ほんの少しのタイミングのずれで通じない

青春ならではの儚い恋愛です。

どちらかがあと一歩近づけば、進展しそうなのに

うまくアプローチしていくことができないんですよね。

そんな部分にもやもやとしながらも「早く両思いになって!」と

ソワソワしながら読んでしまう作品だと思います。

友達も青春の一部分!

青春と言ったら恋愛だけでなく、大事な友達との関係ですよね。

高校生の頃は友達とお互い全力でぶつかっていきます。

時には仲の良い友達と同じ人を好きになってしまって、

どうしたら良いのか悩んで、友情を優先して自分の気持ちをないがしろにしてしまう

なんていう不器用さがあるのも青春ですよね。

少しのことで大きく心を動かされて悩んで、成長していく時期です。

作中でも、双葉の友人である悠里が洸を好きになるんです。

双葉も洸が気になりつつも、悠里が洸を好きであることを告げられて

応援するようにします。

悠里は洸に積極的にアプローチしていきますが

洸の関心が向いている先は双葉であることに気づくんです。

悠里は自分の気持ちを大事にしたいけれども、好きな人が好きな人と結ばれることも

応援したい、というジレンマに陥るんですね。

そこから悠里は悩みに悩んで、解決策を出します。

青春はみんなが自分の気持ちに全力で、本音でぶつかっていくんですよね。

大人になってから、全部をさらけ出せるような関係性を築ける人は

学生の頃よりもできづらいものです。

高校生だからこそ本音でぶつかり合える関係性に羨ましくも感じ

あなたも自分が青春していた頃を思い出して懐かしく思うかもしれませんね。

まとめ

それぞれの思いが交差して

すんなり両思いにならないもどかしさが、この青春漫画の面白さでもあります。

主人公達の感情が細かに描写されており、それぞれの感情に共感できる作品です。

この先どうなるの!とドキドキしながら楽しんで読める作品で

大人でも、もう一度青春を楽しむことができると思います。

高校生らしい胸キュンもたくさん詰まっているので

そんな場面にときめき、毎日を彩ってくれるかもしれません。

恋愛で青春を楽しんだことがない、もう一度青春を楽しみたい、と思っているなら

双葉達と一緒に、青春に乗ってみませんか?

【「アオハライド」を電子書籍で読む】

ebookjapan
BookLive!
コミックシーモア
honto
Renta!
BookWalker
Rakuten Kobo
Amazon kindle

漫画を読むならスマホで!

漫画はシリーズによっては何十巻ともなるし、それを保管するとなると部屋の中の保管場所に困りますよね。

僕も、電子書籍が普及する以前は、すぐに本棚がいっぱいになって部屋の隅から机の隅にまで漫画が積まれていました。

さすがにそれではまずいと思い、泣く泣く売りに出したことも。

それに、外で読もうと思うと荷物になるので持ち運びも大変です。

1冊ならまだしも、何冊ともなるとカバンの中がかさばって場所をとるし、移動するにはちょっとした重さが結構負担になります。

肩掛けカバンだと30分もすると取手が肩に食い込んで痛くなります。

なので、スマホで漫画が読める電子書籍サービスは本当に助かってます

スマホであれば普段から持ち歩くし、外出の際も楽ちんです!

実は、僕はいろいろな電子書籍サービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話

コメントを残す