漫画紹介

挑戦したい気持ちを後押ししてくれる芸術漫画「ブルーピリオド」

何かに挑戦することって、簡単なようにみえて、すごく難しいことですよね。

失敗したときのリスクを考えると、挑戦できなくなってしまうこともありますよね。

そんな、第一歩を踏み出せないあなたに、オススメの作品があります。

それが、「ブルーピリオド」です。

この作品の熱い思いが込められた名言を知れば、

好きなことをしよう」「一歩踏み出してみよう」と、あなたの挑戦したい気持ちを、後押ししてくれる事、間違いなしです。

 

「ブルーピリオド」ってどんな漫画?

作品名:ブルーピリオド
作者:山口つばさ
出版社:講談社
掲載誌:月刊アフタヌーン
コミック:既刊9巻(連載中)
内容:月刊アフタヌーンで、2017年8月号から連載中

2021年2月時点で単行本の累計発行部数は300万部を突破している

絵を描くことの楽しさに目覚めた主人公を中心に、美術大学受験予備校や入学試験での苦悩が描かれる青春群像劇。

「ブルーピリオド」を試し読み

スマホで漫画を読もう

スマホでも漫画が読めるサービスが便利でよく使ってます。

実は、いろいろなサービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話はこちら

あらすじ

友人たちと朝まで遊んだりして、楽しい高校生活を過ごしている2年生の矢口八虎。それでいて学校では成績優秀。何事もそつなくこなせるからこそ、生きる目標を定められなかった彼が、偶然見出したのが美術の世界でした。上級生が描いた1枚の絵をきっかけに絵を描くようになり、やがて、最難関の東京藝大油画科入学を目指して、本格的に勉強を始めていきます。
学校の美術部から、美大受験の予備校へと通い始めた彼が、個性溢れる受験生たちと出会い、触発されながらも前へ進んでいくストーリーです。

出典元:BookLive

 

登場人物

ブルーピリオドは、芸術家を目指す人たちの作品です。

芸術家のイメージである、「個性的」が当てはまる登場人物たちなので、それぞれの登場人物に注目してみるのも、面白いかもしれません。

矢口八虎(やぐちやとら)

本作の主人公。

高校生で、友人たちと徹夜で飲酒したり、タバコを吸うなど、素行はあまり良くないです。

見た目も金髪に軟骨ピアス。

しかし、非常に要領がよく、成績は学年トップクラスで、私立大学の、慶應、早稲田レベルなら余裕で合格できると言われています。

慶應も早稲田も、日本の有名大学なので、相当賢いんでしょう。

愛嬌もあり、協調性まあるので、クラスでの人気も非常に高いです。

しかし、勉強や人付き合いは、自分の中のノルマだと思って励んでいます。

反面、何をやっても達成感が得られず、空虚な毎日を過ごしていました。

そこで、美術室で一枚の絵に心を惹かれ。美術にのめり込んでいきます。

鮎川龍二(あゆかわりゅうじ)

八虎と同級生の美術部員。

男性だが、心は乙女。

ロングヘアで学校では、女子用の制服を着用しています。

女子からの人気がすごいが、男子にもファンがいます。

街中を歩いていると、「あの子かわいい」という声が聞こえるほど、美人です。

本当に男なのか?と思う見た目なので、見てみてください。

また、女子の友達からは、「あゆかわ」の真ん中に文字をとって、「ゆかちゃん」と呼ばれています。

八虎が絵に興味を持ち始めた頃に、美術部の手伝いをお願いします。

それが、八虎が美術部に入るきっかけになりました。

八虎にきっかけを与えた、非常に重要な人物です。

高橋世田介(たかはしよたすけ)

八虎とは、美大専門の予備校、東京芸術学院(東美)の冬季講習で出会った、同い年の天才少年。

その才能と技術と孤高の性格は、八虎を興奮させる存在です。

東京藝術大学、油画専攻という、八虎と全く同じところを、志望しているライバルです。

高校時代は、美術コースではなく、特進コースを選択していたにも関わらず、「普通科の美術の授業に死ぬほど絵が上手いやつがいる」と、噂になる天才ぶり。

しかも、デッサンをはじめたのは高校2年からです。

また、東美を「受験用の美術ばっかり教えられる」ということで、それに腹を立てて辞めてしまいます。

そのため、独学で東京藝術大学を目指すことになりました。

 

正解のない世界で、自分はなんのために、何を描くか

美術作品には、数学のように絶対コレと決まった答えがありません。

そのため、10人の芸術家がいたら、10通りの絵ができます。

学校の芸術の授業で、1つの共通のテーマが与えられたら、それぞれの価値観やイメージで、作品ができます。

似た作品はあったとしても、全く同じ作品は存在しないですよね。

この作品で、自分が何を表現したいかが非常に重要ということです。

あなたは、「自画像」というテーマがあったら、どのような作品を描きますか?

このテーマで、八虎は自分自身のことを伝えるのに、もってこいの作品を用意します。

それが、「自分の多面性」です。

周りに対して、いい顔をできる。

空気を非常に読める八虎らしい、作品です。

その作品は「手前」と「奥」の、奥行きを誇張するように、濃淡をつけて描き込んでいました。

完成した作品は、作中でみてみてください。

 

受験生の苦悩がリアル

大学受験。

もしかしたら、人生で最も辛いことかもしれませんね。

東京藝術大学は、東大より狭き門と言われています。

そのため、浪人する人も多く、現役で合格する人は稀です。

また、国立大学のため、日程は終盤。

みんなの進路が分かった状態で、合格発表があります。

周りが進路が決まることから来る焦燥感など、非常にリアルです。

また、受験勉強からくるストレスで、体調や身体に変化が出る人も。

八虎もその1人です。

彼の場合は、蕁麻疹(じんましん)やめまいなどの、症状が出ていました。

また、東美のクラスメイト、マキの友人は体調を崩し入院してしまったそうです。

しかし、そこで出たセリフは、受験生の辛さを表しているものでした。

「受験でメンタル落とすのは、自分自身の問題。」

プロのスポーツ選手でも、同じことですが、試合で100%を発揮できるように、調整するのが大事です。

受験でも、試験の日に100%を持ってくることが、大切なんだなあと改めて感じました。

 

挑戦を後押しする名言3選

1位の絵じゃなくて、「最高の絵」を目指さなきゃね

八虎が、受験対策で悩んでいるときに、東美の担任の先生である、大葉先生からもらった名言です。

ナンバーワンでなく、オンリーワンを目指そうという考え方ですね。

特に絵では、「自分はあの人に比べて上手じゃない。」というように他者と比較してしまいがちですよね。

ましてや、受験の実技試験で、絵を描くわけですから、なおさらです。

順位は、もちろん大事です。

しかし、合格する上で、最も大切なのが、自分の中の最高を目指すことでした。

急に飛躍的に絵が上手になったりもしませんしね。

だからこそ、自分の中の最高で、自分らしさをアピールすることが、どれだけ大事か理解できる名言でした。

「好きなことは趣味でいい」これは大人の発想だと思いますよ

八虎が美大に入ろうか、を高校の美術部顧問の佐伯先生に相談していた時の名言です。

確かに、美大を出ていなくても、絵が上手な人たくさんいますよね。

テレビ番組でも、絵が上手な人を取り上げられていても、芸能人だったりしますしね。

そういう方達は、趣味で絵を書いたりしています。

しかし、学生時代を思い出してみると、自分自身のやりたいことを、大多数の人がやっていたと思います。

いい例が、部活ですね。

ですが、大人になるとなぜか好きなことを我慢して、それ以外の道で食べていこうとするようになる人、多くないですか?

しかし、冷静に考えてみたら、1番好きなことで頑張る方がいいですよね?

その仕事が好きな人と、普通の人だと、好きな人の方が、成果が出やすいのはこのことでしょう。

後悔はないですよ、反省は死ぬほどあるけど

僕がこの作品の中で、言ってみたいセリフ1位です。

この名言は、受験が終わり佐伯先生に、手応えを聞かれたとき、八虎が放ったセリフです。

受験前は、「本気で楽しんで、努力して、ダメだった時が恐ろしい。」と怯えていた八虎。

二次試験は、3日かけて行うのですが、八虎は体調不良で1日目を無駄にしてしまいます。

残りの数少ない時間で、試行錯誤し、困難を乗り越えた彼は、試験を最後までやり遂げます。

自分の全力を出し切ったと言えるのだから、反省点はあっても後悔することはほとんどないだろう。

自分の全力を出せたことを表すような、セリフですね。

 

まとめ

八虎がゼロから挑戦を始めたので、その間の苦悩や成長がよくわかる作品でした。

「ブルーピリオド」を読んでいるうちに、「こういう考え方もあるのか」と、考えさせられるシーンもありました。

まだ一歩を踏み出せていない人には、非常におすすめな作品です。

現に、八虎は東京藝術大学へ挑戦する中で、

  • 好きなことやり続けること
  • 後悔のないよう、全力を出す力
  • 自分を表現する力

など、多くの経験を手に入れてきました。

挑戦することって素晴らしいですね。

「ブルーピリオド」を読んで、挑戦する第一歩を踏み出してみましょう!

「ブルーピリオド」を試し読み

漫画を読むならスマホで!

漫画はシリーズによっては何十巻ともなるし、それを保管するとなると部屋の中の保管場所に困りますよね。

僕も、電子書籍が普及する以前は、すぐに本棚がいっぱいになって部屋の隅から机の隅にまで漫画が積まれていました。

さすがにそれではまずいと思い、泣く泣く売りに出したことも。

それに、外で読もうと思うと荷物になるので持ち運びも大変です。

1冊ならまだしも、何冊ともなるとカバンの中がかさばって場所をとるし、移動するにはちょっとした重さが結構負担になります。

肩掛けカバンだと30分もすると取手が肩に食い込んで痛くなります。

なので、スマホで漫画が読める電子書籍サービスは本当に助かってます

スマホであれば普段から持ち歩くし、外出の際も楽ちんです!

実は、僕はいろいろな電子書籍サービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話

コメントを残す