SF・ファンタジー(アニメ)

実現しそうな近未来を疑似体験できるおすすめアニメ「電脳コイル」作り込まれたSFの世界観が魅力

SFアニメや映画などで、「メガネをかけると、目の前にコンピューターの操作画面が現れる」のようなシーンがありますよね。

最近ではARやVR技術を用いて、実際に旅行しているかのような体験をしたり、ゲームをしたりすることができるようになってきました。

今回ご紹介するアニメでは、近い将来、開発・実用化されるのではないかと思えるアイテムが使われているアニメです。

それは「電脳コイル」です。

「電脳メガネ」という、ウェアラブルコンピューターが、子どもから大人まで普及した日本。

メガネをかけることで見ることができる、「電脳世界」で巻き起こる様々な出来事に、子ども達が挑んでいくアニメです。

近未来なツールを使いながら遊ぶ子どもたちの姿が、意外にもあなたの子ども時代と重なって、懐かしさを感じるでしょう。

将来実現しそうな、近未来的な世界観が作りこまれたSFアニメになっています。

そのため、科学技術の発展との付き合い方についても、考えさせられますよ。

 

「電脳コイル」ってどんなアニメ?

作品名:電脳コイル

キャスト:
ヤサコ:折笠富美子/イサコ:桑島法子/京子:矢島晶子/ハラケン:朴璐美/フミエ:小島幸子/デンスケ:麻生智久/ダイチ:斉藤梨絵/メガばあ:鈴木れい子/オバちゃん:野田順子/アキラ:小林由美子/デンパ:梅田貴公美/ガチャギリ:山口眞弓/ナメッチ:沼田祐介/アイコ:進藤尚美/猫目:遊佐浩二/タケル:日比愛子/ヤサコの父:中尾みち雄/ヤサコの母:金月真美/マイコ先生:堂ノ脇恭子/ウチクネ:西脇保/教頭:水野龍司

スタッフ:
原作・脚本・監督:磯光雄/アニメーションキャラクター:本田雄/総作画監督:井上俊之、本田雄、板津匡覧/美術監督:合六弘/色彩設計:中内照美/撮影監督:大庭直之(1話~15話)、泉津井陽一(16話~26話)/編集:定松剛/音楽:斉藤恒芳/音響監督:百瀬慶一/監督補:安川勝、高橋知也/制作デスク:渡辺隆之、櫻井健一/音響効果:高野寿夫、佐藤秀国/選曲:宇井孝司、坂口由洋/録音調整:松岡義昭、佐藤忠治/キャスティング:五十川愛(青二プロ)/音響制作:Mediarte/オフライン編集:杉並スタジオ/オンライン編集:久保田隆史、立川貴巳/編集担当デスク:岡本昌明(キュー・テック)/アニメーションプロデューサー:丸山正雄、吉本聡/協力プロデューサー:牧田謙吾、濱田啓路、岩瀬智彦、石田潤一郎、落合美香子、国崎久徳、松家雄一郎、清水博之、塩浦雅一、斉藤健治/プロデューサー:三ツ木早苗、渡辺繁、松本寿子/アニメーション制作:マッドハウス

制作年:(例)2007年©磯光雄/徳間書店・電脳コイル製作委員会

簡単な概要:「電脳」と呼ばれる技術が一般に普及している近未来、「電脳メガネ」を持つ子ども達の物語。

視聴できる動画配信サービス:

Amazon prime video

U-NEXT

FODプレミアム

dアニメストア

Netflix

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

アニメを見るなら動画配信サービス

動画配信サービスも色々ありますよね。

実は、アニメを見られるサービスをいろいろ試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

アニメが見られるサービスをいろいろ試してみた話はこちら

あらすじ

どこでもネットに接続しさまざまな情報を表示できるアイテム・電脳メガネが流行している202X年。

大黒市に引っ越してきたヤサコこと小此木優子は、イサコこと天沢勇子と出会う。

そして、ヤサコは電脳空間で起こるフシギな出来事に巻き込まれていく…。

出典元:U-NEXT

 

登場人物

ここでは主人公を含む二人の「ゆうこ」と、主人公と行動を共にする仲間を紹介します。

ヤサコ/小此木 優子(おこのぎ ゆうこ)

主人公。「ヤサコ」とは、「優」の訓読みをもとにしたあだ名。

金沢市から引っ越してきた女の子。大黒市立第三小学校に転入し、6年3組に在籍。

メガばあにデンスケを助けてもらう代わりに、コイル電脳探偵局に入局させられます。会員番号は八。

優しくて、大人しめの性格。

はじめは、金沢市と勝手が違う大黒市での生活に戸惑います。

しかし、イサコやフミエ、ハラケンたちとの出会いにより、不思議な出来事に向き合っていきます。

イサコ/天沢 勇子(あまさわ ゆうこ)

もう一人の「ゆうこ」。「イサコ」とは、優子との区別のため、フミエに付けられたあだ名。

「勇」の訓読みをもとにしていますが、本人はこのあだ名で呼ばれることを嫌がっています。

強気な性格で友達をつくろうとしないなど、他者を寄せ付けない振る舞いをします。

一方で、危機に陥るヤサコの妹を助けたり、入院中の伯父を見舞ったりと優しい一面も。

大黒市にある「何か」を探し、様々な事件を引き起こしていきます。

フミエ/橋本 文恵(はしもと ふみえ)

電脳ペットを探していた所でヤサコと出会う、背の低い女の子。

ヤサコにとって大黒市で初めての友達であり、クラスメイトとなりました。

主張の強い性格で、お節介。

ダイチの嫌がらせの数々に対抗していたため、ハッキング技術や違法な電脳ツールの扱いに長けています。

ハラケン/原川 研一(はらかわ けんいち)

少し無愛想な、背の高い男の子。大黒市立第三小学校6年1組。

感情をあまり表に出さないため、普段は無表情でボーっとしているように見られています。

交通事故で亡くなった「カンナ」とは幼馴染。

彼女とケンカ別れしてしまったことに負い目を感じています。

その事故の真相を探るため、カンナとの共同研究であった「イリーガルの観察」を1人で続けています。

 

電脳コイルの世界

「電脳コイル」の舞台となるのは、202X年の日本、石川県金沢市からそう遠くない「大黒市」です。

「電脳メガネ」というウェアラブルコンピューターが普及し、子どもから大人まで、幅広い層に使用されています。

電脳メガネでできること

電脳メガネをかけることで、物質として存在しているもの以外にも、様々なものを見ることができます。

例えば「電脳ペット」

メガネをかけることで、AR技術と同様に、現実世界にそのペットがいるように見えるのです。

もちろん電脳ペットは自由に動き回りますし、鳴き声も発します。

しかし、触れることはできても、感触を感じることはできません。

ちなみに主人公のヤサコは、「デンスケ」という犬型の電脳ペットを飼っています。

自由に動き回るため、デンスケが迷子になることも。

「電脳コイル」に出てくるペットは、どれも可愛いものばかりです。

あなたのお気に入りを探してみて下さいね。

他にも、電脳メガネをかけていることで、「電脳ツール」というものも使うことができるようになります。

電脳ツールは、電脳世界で使うことのできるもので、子ども達でも扱うことができます。

電脳物質を壊すビームを発射する「メガビー」や、吹き付けた部分の画像データを欠損させる「黒バグスプレー」。

ビームから身を守るために使う「レンガ壁」や「鉄壁」。

攻撃用のミサイル発射機「直進くん」など。

これらのツールを子どもたちは購入し、友達同士で戦うことに使ったり、電脳関連で困っている人を助けるために使ったりします。

実際に電脳ツールを使ってみたいなと思ってしまいます。

子どもの頃に、「ビーム!」や「バリア!」と何も出ないのにも関わらず、声と動きだけで、戦いごっこをしていませんでしたか?

やっていることは、それと一緒です。

子ども達が電脳ツールを使う様子は、確かに近未来的ですが、「子ども心」は変わっていないのです。

子ども達を見ていると、「子どものやることは変わらないんだな」と、何だか懐かしい気分になりますよ。

違法電脳体駆除ソフト

ウェアラブルコンピューターが普及していることもあり、当然のごとく、ウィルス対策もされています。

それが、違法電脳体駆除ソフト「サッチー」と「キュウちゃん」です。

サッチーの正式名称は「サーチマトン」ですが、「ボクサッチー、ヨロシクネ」と音声を発しながら移動します。

実際に観ると感じるのですが、ちょっと怖いです。

子どもからしたら、相当怖いと思います。

キュウちゃんは、見た目が球体に見えることから、子どもにはこの呼び名で呼ばれています。

サッチーのボディにある穴に、収納されていたり、キュウちゃん単体で動くことも可能。

キュウちゃんはビームを放ち、小規模なバグを初期化したり、データの破損を修復したりすることができます。

このサッチーはあまり高度な識別機能をもっていません。

わずかなバグがある電脳ペットや、子ども達が使う電脳ツールにも、

見境なくビームを発射してきます。

登場人物のフミエは、飼っていた電脳ペットをサッチーに消去されたという過去があります。

そのため、サッチーに対する敵対心をもっています。

電脳メガネに仕込んだメガビーなどの電脳ツールが、サッチーの駆除対象と認識されてしまいます。

多くの子供たちは電脳ツールを仕込んでいるので、日々サッチーに追い掛け回されています。

ここだけ聞くと、サッチーが街中でビームを連射しながら、子ども達を追いかける様子が目に浮かびます。

しかし、サッチーもビームも、電脳メガネをかけなければ、見ることはできません。

サッチーもあくまで、違法な電脳体に対して修正をかけようとしているだけなので、人間本体に攻撃はしません。

そもそもウィルス駆除ソフトなので、実際の目には見える訳がないですよね。

また、サッチーとキュウちゃんは、「郵政局」の管轄の元、動いています。

そのため、「文部局」管轄の学校や、「文化局」管轄の神社などには、入ることができません。

それを利用して、子ども達は学校や神社に逃げ込みます。

何だか、子どもの頃に遊んだ「たかおに」みたいではありませんか?

高い場所にいれば、鬼にタッチされないあの鬼ごっこ。

近未来な世界の中に、昔の遊びの要素が垣間見えて、懐かしい気持ちになります。

このように、ウィルス対策なども細かく設定されているのです。

2007年の作品ですが、当時ここまで現実的な設定でアニメを作ることができたのは、素直にすごいと思いませんか?

 

都市伝説

近未来な道具やウィルス駆除ソフトが動き回る世界では、SF感が満載ですよね。

「電脳コイル」では、これらの電脳ツールが元となって「都市伝説」を生み出しているのです。

物語の鍵になる都市伝説を、いくつか紹介しますね。

イリーガル

電脳ペットに感染する、新型のコンピューターウィルスで、巨大化した違法電脳体です。

古い空間以外では、電脳ペットの中でしか存在できないため、電脳ペットを見付けると、追いかけます。

イリーガルの存在は、なぜか公にはされていません。

イリーガルには様々な形が存在します。

スライムのような形で、這いずり回ったり、足を生やして走ったり。

はたまた恐竜のような姿のものも。

登場人物のイサコは、ある目的のため、このイリーガルを執拗(しつよう)に追いかけています。

ミチコさん

ミチコさん呼び出すと、呼び出した人の願いを叶えてくれるそうです。

しかし、呼び出した子どもは「あっち」に連れて行かれる、といった噂が。

「あっち」とは、「現実世界ではない世界」のことです。

都市伝説なので、子ども達の間では「あっち」という表現をされますが、はっきりと「ここ」という表現がされないことで、逆に怖さがありますよね。

登場人物のハラケンは、かつて親しかった「カンナ」の事故と、ミチコさん・あっちの世界が関係しているのではないかと、考えています。

ミチコさんについては、アニメを観て正体を明らかにしてください!

イマーゴ

「電脳メガネの隠し機能」と言われる謎の機能です。

何と、頭で考えただけで、電脳メガネを操作することができるとのこと。

現代では、「ヘイ、Siri」や「OK、Google」と声をかけることで操作できるものはありますよね。

「電脳コイル」の世界では、手を電話の形(グーの状態から親指と小指だけを立てる)にすることで、電話をかけることができます。

このように、何らかの「動作」は必要とされているはずなのです。

それを頭で考えただけでできるとなると、さらに未来のお話ですよね。

ここで、考えてみてください。頭で考えるということは、脳とコンピューターがつながっている状態です。

「脳への負担」が心配されませんか?

実はこのイマーゴ、主要人物達の中で使える子どもがいるのです。

こちらも、物語の進行に大きく関与することなので、注目して観てほしいなと思います。

 

本物・信じられるものとは?

ゲームやスマホなど、技術の発達とともに懸念(けねん)されることの一つとしてあげられるのが、「子どもの依存」だと思います。

作中もほとんどの場面で、子ども達は電脳メガネを装着しています。

電脳メガネのない生活など、考えられないかのよう。

物語の途中、あることがきっかけで、子ども達は大人に電脳メガネを取り上げられてしまいます。

今までは、電脳の世界で見ることができていたものがあって、それを楽しんでいた子ども達。

それを失ったことで、「やることがない」と言います。

また、子ども達は大人から

「ちゃんと手で触れる何かで、遊んだ方が良いかもしれない」

「触れるものが、あったかいものが、信じられるもの」

と告げられます。

ここは非常に考えさせられる部分です。

ヤサコはこれらの言葉について考え、自分なりの結論を出します。

メガネを通してでしか、見ることができないものがある。

それは偽物で、信じることができないものなのでしょうか。

ヤサコのデンスケは、確かに現実世界にはいません。

しかし、メガネを通して見ることができて、声を聞くことができて、笑わせてくれたり、元気付けてくれたりしていたことは、確かなのです。

いつか「電脳コイル」のような世界が実現したとしたら、これはよく、考えなければいけないことだと思います。

「電脳コイル」が近いうちに実現しそうなほど、世界観が作り込まれ、リアルだからこそ、このように考えさせられてしまいますね。

あなたはどう思いますか?

 

まとめ

近い将来、実現しそうなツールが使われているSFアニメ

「電脳コイル」

を紹介しました。

電脳ツールやウィルス駆除ソフトなど、近未来な世界観が非常に良く作り込まれています。

また、近未来な世界の中にも、小学生がやりそうな「遊び」が垣間見えます。

子どもの遊ぶ媒体は変わっても、心は変わっていないと、懐かしい気持ちにさせてくれるアニメです。

また、SF要素から生まれる、ミステリー・ホラーチックな要素も面白いです。

そして、発展していく科学技術と、どう付き合っていくのか。

「電脳コイル」を観て、大人のあなたも考えてほしいです。

 

「電脳コイル」が見られる動画サービス

Amazon prime video

U-NEXT

FODプレミアム

dアニメストア

Netflix

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

アニメを見るなら動画配信サービスを利用しよう!

僕はアニメも好きです。

昔はよくビデオやDVDを購入したり、某レンタルショップにを借りに行ってました。

ただ、借りものだと気を使うし、返却期限があるため、見るのを急かされてしまいますよね

それに、そもそもビデオやDVDは見るたびに入れ替えないといけないのが結構おっくうだったりします。

購入すると、やっぱり漫画と同じく場所をとってしまいますし。

しかし、便利な世の中になったもので、今では動画配信サービスでいつでも気軽に数クリックすれば見ることができるようになりました。

月額一定の料金を払えば、好きなアニメが見られます。

しかも、料金もDVDだったら数枚借りれば同じくらいの料金です

DVDだったらその中身のタイトルしか見れないですけど、動画配信サービスなら見切れないくらいの種類の中から選べます

だから、アニメを見るなら動画配信サービスが良いなって思ってます。

とはいっても、動画配信サービスって今はいろいろありますよね。

実は、アニメが見られる動画配信サービスはいろいろ試しました。

その話を記事にしているので、よかったらこちらも覗いてみてください。

アニメが見られるサービスをいろいろ試してみた話はこちら

コメントを残す