日常

肯定感で新米ママを包み込んでくれる 続編漫画「ホタルノヒカリBABY 」

漫画「ホタルノヒカリ」では

蛍の干物スタイルに共感した

部長こと誠一のカッコよさがたまらなかった

頑張り屋で素直なところに癒された

と思って続きを探したあなた!

実は続編が2つあるんです。

結婚後にアイドルにハマった蛍のオタク仲間、

晴香光の恋模様(こいもよう)が描かれている「ホタルノヒカリSP」と

結婚後に出産した蛍と家族を描く「ホタルノヒカリbaby」です。

両方とも共感できて楽しいけど、

相変わらずの干物女蛍がメインで登場

今の自分を肯定して包み込んでくれる良さが1作目同様ある

「ホタルノヒカリbaby」がオススメと息巻くYさん。

Yさんは初めての育児でノイローゼになりかけたところ、

この漫画をママ友に教えてもらい、

蛍と部長のなんとか頑張って育児する姿やその時の気持ちを読んで、

今の自分で良いんだと、ゆったり構えて育児ができるようになったそうです。

ではYさんに紹介してもらいましょう。

「ホタルノヒカリbaby」ってどんな漫画?

作品名:ホタルノヒカリbaby
作者:ひうらさとる
出版社:講談社
掲載誌:Kiss
コミック:5巻(連載中)
内容:第一作目「ホタルノヒカリ」と二作目「ホタルノヒカリSP」に続く本作は、

“干物女”である蛍と夫の誠一の子育てを描くコメディです。

初めての子育てに戸惑いながらも頑張る蛍の様子が、

2人の息子・高野一(はじめ)の目線で描かれています。

「ホタルノヒカリBABY」を試し読み

スマホで漫画を読もう

スマホでも漫画が読めるサービスが便利でよく使ってます。

実は、いろいろなサービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話はこちら

あらすじ

 

干物女だった蛍が、高野部長と結婚し、念願のBABYが誕生! 高齢出産を心配していた部長だが、母子共に元気で一安心。これから始まるグータラ蛍ときちっり几帳面な部長の初めての子育てとは…!? BABY目線で紡がれる(!?)、蛍と部長とBABYの『ホタルノヒカリ』新シリーズ開幕!!

出典元:ebookjapan

 

登場人物

漫画「ホタルノヒカリ」の登場人物に加え、本作の主人公一を中心にした

新しいキャラクターも登場します。

高野一(たかの はじめ)

一作目の主人公蛍と部長のBaby。

Baby達は実は40代の精神年齢を持つが、

親たちにはBaby語が通じず、普通の赤ちゃんのように見えます。

親たちが知らぬ間に、

生まれる前から赤チューブというYoutubeさながらの動画で

自分たちの未来の両親を、あらかじめ知って生まれてきます。

そしてBabyどうしでテレパシーを使うことができます。

高野 蛍(たかの ほたる)

旧姓:雨宮。一作目では、外では「ソツのないOL」、

家ではジャージにちょんまげ頭でゴロゴロする「干物女」でした。

高野部長との同居生活後、奇跡的に部長と結婚し

アイドルオタクになり一を出産します。

高野 誠一(たかの せいいち)

蛍とは対照的な計画的でキッチリした性格の持ち主。

蛍の元上司なのでいまだに呼び名は「部長」。

現在は独立して会社を経営しています。

小原 星子(おばら せいこ)

子育てセンターで、ママ友を作れないでいる、新米ママ。

結婚5年でやっとできた娘、花の育児の不満をため込んでいます。

手嶋 マコト(てしま マコト)

一作目で蛍が5年越しに恋をした元彼氏。

将来を有望視されたインテリアデザイナーで、センスもルックスも良い人。

性格はシャイで天然ボケでもあり、

蛍の嘘やごまかしも素直に信じてしまうほど、人が良いです。

蛍が干物女である事も知りませんでした。

蛍とは結婚話が進んでいたものの、

部長との同居の件でもつれ、別々の道を歩むことになりました。

神宮司 優華(じんぐうじ ゆうか)

旧姓:三枝。見た目、仕事、気配りと三拍子そろったステキ女子です。

一作目でマコトをめぐって恋の火花を散らした、蛍の恋のライバルでした。

いつでも余裕そうで自然体でいる蛍に、逆にあこがれを抱き、

マコトをめぐるうちに蛍とは仲良くなりました。

赤ちゃんが肯定してくれる

初めての育児は不安だらけ

はじめての育児ってわからないことだらけで不安ですよね?

新生児は小さくてふにゃふにゃでこわれそうだし、

朝昼晩絶えず泣く赤ちゃんのお世話に、毎日2,3時間睡眠。

不安で調べても完全な正解はなく、

人によって言うことが違って、

もうわけがわからなくなりそうですよね。

蛍も部長が出社した後は赤ちゃんと二人きりで、

中学時代に思うように勉強ができず居残りさせられた記憶を思い出し、

社会から取り残された気持ちになるのです。

蛍も不安と失敗だらけ

蛍(一の呼び名で以下ママ宮)は頑張り(がんばり)が空回って失敗ばかり。

特に初めての育児に気を取られて、

名前の届け出をすっかり忘れていたことに落ち込み

なかなか決めらない自分を責めます。

電話で名前の相談を部長(一の呼び名で以下部長父)にしながら、

抑えて(おさえて)いた感情をうったえます。

母親らしくない自分のせいで、赤ちゃんがかわいそう、と。

体重が増えないのは母乳が出ない自分のせい、

赤ちゃんが笑ってくれないのはきっとつらいから、

母乳を出すためにしたことで逆に乳腺炎に、と

みんなは出来ているのにと追いつめられるです。

天使のほほえみ

そんな、ダメダメながらも常に自分のことを考えて

いっしょうけんめいでいてくれるママ宮に、

赤ちゃんは涙をぬぐう蛍の指をつかみ、

ほほ笑みかけてくれるのです。

育児をしながらどんどんマイナス思考になっていく時に、

自分を曇りなき眼で見つめる赤ちゃんの顔を見て、

いかんいかんと正気を取り戻したことはありませんか?

不安で押しつぶされそうになった時の、赤ちゃんのほほえみは

正気を取り戻して、きっと暗い気持ちを取り除いてくれることでしょう。

Yさんも読みながらお子さんの新生児スマイルを思い出し、

日ごろたまった疲れが、和らいだ(やわらいだ)経験を思い出したそうです。

ママ友たちの悩みから勇気をもらえる

苦楽を共有できる、はじめてのママ友

蛍がたまに通う子育てセンターには、

子育てに不安を抱える新米ママ達が集まります。

花ちゃんBabyのママ、小原星子もその一人で、

すでにできているママ友グループに入れず、

センターでの過ごし方に困っています。

そんな小原ママをよそに、干物女のママ宮はうろたえることなくマイペース。

ママ友グループに混じれなくったって気にせず、スマホでアイドルを見ています。

小原ママはそんな姿をカッコイイと言わんばかりに見つめ、次第に二人はママ友になります。

お互いの育児あるあるや苦労を共有し、

我が子の一番手がかかるけど、

同時に一番かわいい時期を楽しむ大切さに

改めて気づくのです。

自分がつらい時に、同じ立場や経験を持つの人からの

わかるよって言葉は、心が軽くなりますよね。

母親業は出来て当たり前の風潮(ふうちょう)があるので

ぐちをこぼしにくいかもしれませんが、

口に出したっていいんだとYさんは少し安心したそうです。

ママ友がいる苦労もある

ママ宮と小原ママがママ友になった様子を、

雑誌(ざっし)に出てくるようなステキな格好に身を包んだ、

田辺ママは遠目に見つめます。

一見ママ宮とは無縁(むえん)のように思えるこの人は、実はゲームマニアで

自由気ままな様子のママ宮たちに親近感を持っていますが、

ベイビーシャワー(出産祝い)について話し合う、

キラキラママグループに所属しています。

旦那(だんな)が官僚(かんりょう)ということで、

官僚の社宅づきあいがあり、娘の将来を考え所属するも、息苦しさを感じています。

おむつ変えのついでに、トイレでツイッター仲間にいやしを求める自分に

田辺ママはこの先やっていけるのか、こんな自分はいけないのではと思います。

しかし、ツイッター仲間のツイートの「ママあるある」にはげまされ、

そして偶然キラキラママグループの一人が電子タバコを吸う姿を見たことで

今の自分でいいんだと思い直します。

遠くから見ていると不安を抱えていないような人でも、

実は本人にしかわからない悩みがあるんですね。

ここでもYさんは自分だけではないのだな、と勇気をもらえたそうです。

さらに最後の一の目線で語られる、

作者のメッセージに感動したそうです。

 

晴れの日も 雨の日も 子育ては続く

たまにはサボっても グチっても どうかどうか

中略

自分もBABYも 上手いことごきげんに 乗り切って

引用元:ホタルノヒカリBABY1巻

ママの祈りともいえるこのメッセージには

きっとあなたも心を動かされることでしょう。

かんぺきな部長からも勇気がもらえる

思い通りにはいかない育児

今日は大事な仕事があるから、

日中から遊ばせて早く寝てもらおう…シメシメと予定をこなしても、

寝かしつけの時に、全然思い通りに早く寝ついてくれない!

なんて経験したことはありませんか?

家事オタクでキッチリものの部長父でも、赤ちゃんの育児に振り回されます。

ママ宮は産休中、会社のプロジェクトの危機で1週間だけ出社することになり、

代わりに部長父が主夫になるのです。

初めは何事もなく上手くいき上機嫌でいますが、

日がたつにつれ、育児と家事が思い通りに進まないことがわかり悩まされます。

自分を情けなく思い、さらには

元カレマコトのSNSのオシャレ投稿(とうこう)の追い打ち。

SNSにはまって夕飯を作り忘れるという失態までする始末…。

でも、落ち込んでいる部長父に、ママ宮は久しぶりにピザが食べれると、優しい言葉をかけるのです。

ママ宮の対応にYさんは干物女らしさを感じると共に、

育児のパートナーとして素晴らしかったなと感心したそうです。

苦戦した育児に見出す喜び

時間がかかるからと言って、ついお子さんにイライラしたり、

せっかく自分で靴を履こうとしているのに、やってあげた方が早いと

代わりにやってしまうことはありませんか?

忙しい育児でイライラするのはわかりますが、

かわいい我が子の成長過程をうばってしまっては、

育児のだいご味を見失ってもったいないですよね。

部長父も冷静になってあることに気がつきます。

先ほどやらかしていた部長父は自分の得意分野を生かし、

家事を効率的にこなすことに成功します。

そして、初めは我が子が突然公園で寝てしまって

動けなかった時の手持ちぶさたな感情を、「時間をつぶす」新鮮な時間と考え

「うろたえる自分と我が子の成長をみられる、喜びを楽しもう」と、前向きに考えるのです。

Yさんは完璧な部長がうろたえる姿に驚きつつも可愛らしく思え、

そして上手くやりきり前向きに思う部長の言葉に共感し、勇気をもらったそうです。

まとめ

これまで「ホタルノヒカリ」の続編、「ホタルノヒカリbaby」について

今の自分を肯定して包み込んでくれる点で紹介してきました。

この作品は

育児に悩む蛍やママ友、配偶者の部長の育児あるあるに共感でき、

それぞれが出くわす

  • 赤ちゃんのほほ笑みで不安が消えるシーンや
  • 同じ立場や経験をするママ友とのやりとりで勇気が出るシーン
  • 一見完璧に見える部長の失態と前向きな言葉に勇気が出るシーン

を読んで、今の自分でいいんだと勇気がもてる作品です。

初めての育児だと、思っているより上手くできなかったり、

周りの人と比べてしまったりと

自分はなんてダメなんだ…と、きっと自信を失うことがあるでしょう。

前作と同じく、この作品はそんなあなたを肯定し、

人それぞれでいいことを気づかせてくれ、

穏(おだ)やかな気持ちで育児に向き合えるようになります。

あなたも干物ママの育児っぷりをみて、

お子さんの育児を楽しめるようになってみませんか?

「ホタルノヒカリBABY」を試し読み

漫画を読むならスマホで!

漫画はシリーズによっては何十巻ともなるし、それを保管するとなると部屋の中の保管場所に困りますよね。

僕も、電子書籍が普及する以前は、すぐに本棚がいっぱいになって部屋の隅から机の隅にまで漫画が積まれていました。

さすがにそれではまずいと思い、泣く泣く売りに出したことも。

それに、外で読もうと思うと荷物になるので持ち運びも大変です。

1冊ならまだしも、何冊ともなるとカバンの中がかさばって場所をとるし、移動するにはちょっとした重さが結構負担になります。

肩掛けカバンだと30分もすると取手が肩に食い込んで痛くなります。

なので、スマホで漫画が読める電子書籍サービスは本当に助かってます

スマホであれば普段から持ち歩くし、外出の際も楽ちんです!

実は、僕はいろいろな電子書籍サービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話

コメントを残す