推理(アニメ)

高校生の頃の青春と身近にある謎を思い出す!?学園謎解きアニメ「氷菓」

電車やバスで通勤をしている時に、学生たちの楽しそうな話し声が聞こえてくると、学生時代を思い出して、ふと「あの頃に戻りたいなー」と思う時がありますよね。

そんな時にみてほしいアニメが「氷菓」

「氷菓」は、殺人事件などのような大きな事件ではなく、高校生たちが、日常生活の中で起こる小さな謎や事件を推理していくミステリーです。

甘くてほろ苦い学園生活が描かれた青春ストーリーでもあります。

推理ものというエッセンスを楽しみながら、昔を思い出してみるのはどうでしょうか?

「氷菓」ってどんなアニメ?

作品名:氷菓

キャスト:折木奉太郎:中村悠一/千反田える:佐藤聡美/福部里志:阪口大助/伊原摩耶花:茅野愛衣/折木供恵:雪野五月/遠垣内将司:置鮎龍太郎/入須冬実:ゆかな/糸魚川養子:小山茉美/十文字かほ:早見沙織/江波倉子:悠木碧/谷惟之:川原慶久/河内亜也子:浅野真澄/善名梨絵:豊崎愛生/善名嘉代:小倉唯 他

スタッフ:原作・構成協力:米澤穂信(角川文庫刊「古典部シリーズから」・少年エース連載)/シリーズ構成:賀東招二/キャラクターデザイン:西屋太志/色彩設計:石田奈央美/美術監督:奥出修平/撮影監督:中上竜太/設定:唐田洋/編集:重村建吾(楽音舎)/音響監督:鶴岡陽太(楽音舎)/音楽:田中公平/監督:武本康弘/音楽:ランティス/制作:京都アニメーション/製作:神山高校古典部OB会

制作年:2012年©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

簡単な概要:省エネ主義の主人公が好奇心旺盛なヒロインに巻き込まれ日常に転がる謎を解いていく推理アニメ

視聴できる動画配信サービス:

Amazon prime video

U-NEXT

Hulu

FODプレミアム

dアニメストア

Netflix

※本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

アニメを見るなら動画配信サービス

動画配信サービスも色々ありますよね。

実は、アニメを見られるサービスをいろいろ試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

アニメが見られるサービスをいろいろ試してみた話はこちら

あらすじ

省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前のクラブ「古典部」に入部することに。

「古典部」で出会った好奇心旺盛なヒロイン、千反田える、中学からの腐れ縁、伊原摩耶花と福部里志。

彼ら4人が神山高校を舞台に、数々の事件を推理していく青春学園ミステリ。

出典元:dアニメストア

登場人物

物語は、古典部を中心に話が進んでいきます。

ここでは、古典部のメンバーを紹介していきます。

折木奉太郎

神山高校1年B組。本作の探偵役。

省エネ主義であり、「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」をモットーとしている。

千反田える

神山高校1年A組。豪農、千反田家の令嬢。

お淑やかな容姿とは裏腹に、好奇心旺盛な性格。

「私、気になります。」という言葉で奉太郎を謎に引き込んでいく。

福部里志

神山高校1年D組。奉太郎とは腐れ縁。

あらゆる知識、雑学を知っていて、「データベース」と自認している。

伊原摩耶花

神山高校1年。クラスは不明。漫画研究会にも所属している。

奉太郎とは小学校からの幼なじみ。福部里志に好意を抱いている。

45年前の謎を解き明かす

「氷菓」の序盤のメインストーリーは、千反田えるの伯父が在籍していた45年前、神山高校古典部に何があったのかを解き明かす話。

タイトルの「氷菓」は、謎の手掛かりとなる文集「氷菓」からきているのですが、この「氷菓」に込められた意味を知るとゾッとしましたね。

母校の45年前の姿って昔の話過ぎて、あまりイメージが湧かないですね。

それと同様に、「自分たちが過ごしていたあの学生生活も、現在または未来の学生からすると全く想像がつかないものになるのか」

と思うと言葉でうまく表現できませんが、なにか心に感じるものがありますね。

心に響く名言の数々

メインストーリーが終わったあとも、学園の謎を解いていくのですが、「氷菓」は、謎を解いて終わりではなく、登場人物たちが、人として成長していく様子も描かれています。

そして、作中のあらゆる場面で、心に響くような名言もたくさんあり、大人でも、気づかされるようなことが数多くあるのも魅力です。

例えば、「頑張ればなんとかなる保証はありませんが、頑張らなければ、なんともならないことは保証できます」という千反田えるのセリフがあります。

新しいことに挑戦しようと思うときに、ネットで調べるだけして、「やっぱり自分には無理なのかな」と思うことってありませんか?

新しいことは不安で中々最初の一歩が出ないものです。

ですが、そこで足踏みしていても何も始まらないので、「まずは、やってみよう」ということをこの言葉は教えてくれますね。

身近な謎から始まるミステリー

「氷菓」の舞台となるのは、ごくありふれた高校です。

なので、殺害事件や強盗事件のような物騒な事件ではなく、身近な謎や小さな事件からミステリーが始まります。

身近な謎や事件を推理していくので、視聴者側も主人公たちと一緒に推理がしやすいというのもこの作品の良いところですね。

例えば、アニメ1話のエピソード。

  • 鍵を開けて部室に入った折木奉太郎
  • しかし、部室にはすでに千反田えるがいた
  • 千反田は、鍵を持っていなかった
  • なぜ、千反田は鍵がないのに部室に入れたのか

というような謎を解いていきます。

この話は、一話完結なのですが、他にも数話で完結するような話もあります。

意外と自分たちが、日常生活で、それは、そういうものだと思考放棄している謎や疑問ってあると思います。

例えば「なんで海はしょっぱいのに、川はしょっぱくないの?」と聞かれたら答えられますか?

案外答えられないのではないでしょうか。

アニメを見ていると「あ、そういうことだったのか」と意外と勉強させられることがあります。

普段気に留めていなかったような謎が解けたときの爽快感があるのも「氷菓」の面白いところです。

青春の甘さとほろ苦さ

青春ドラマな一面があるのも、学園ミステリーの醍醐味。

「氷菓」では、登場人物たちの楽しそうなやり取りや、文化祭で起こる、ドキドキハラハラするようなイベントなどの青春の輝かしさがうまく描かれています。

それと同時に、高校生たちの悩みや葛藤などの青春のほろ苦さも細かく描かれています。

例えば、折木奉太郎の友人である福部里志は、奉太郎の才能に対してコンプレックスを抱いています。

アニメ17話「クドリャフカの順番」では、福部里志は、自分に推理の才能がないから別の道に行くべきだと頭ではわかっているのですが、

やはり自分の感情を抑えつけることが出来ず、これで最後だと思いながら、推理に挑戦していくシーンがあります。

このように、主人公を支える福部里志などの登場人物たちも、単なる脇役としてではなくキャラクターとして生きていて、感情移入しやすいのも「氷菓」の魅力です。

そして、青春といえば恋愛ですよね。

折木奉太郎と千反田える、福部里志と伊原摩耶花の、ときに甘酸っぱく、ときにほろ苦い、それぞれ二人の関係がどうなっていくのかも見どころです。

特に、アニメ21話「手作りチョコレート事件」では、福部里志と伊原摩耶花のビターな恋愛模様が描かれています。

まとめ

仕事で大変な毎日だとふと学生の頃に戻りたいなと思うこともありますよね。

なので今回は、青春を存分に感じることができる謎解きアニメ「氷菓」を紹介しました。

  • 45年前の古典部の謎を解き明かすメインストーリー
  • 大人にも響く名言の数々
  • 身近な謎や事件なので視聴者も推理がしやすい
  • 感情移入してしまうほどの登場人物たちの青春ストーリー

にぜひ注目してみてくださいね。

「もう一度、楽しかったあの青春を味わいたい」

そんな時には、「氷菓」で学生時代に戻った気分で謎解きを楽しんでみませんか?

「氷菓」が見られる動画サービス

Amazon prime video

U-NEXT

Hulu

FODプレミアム

dアニメストア

Netflix

※本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

アニメを見るなら動画配信サービスを利用しよう!

僕はアニメも好きです。

昔はよくビデオやDVDを購入したり、某レンタルショップにを借りに行ってました。

ただ、借りものだと気を使うし、返却期限があるため、見るのを急かされてしまいますよね

それに、そもそもビデオやDVDは見るたびに入れ替えないといけないのが結構おっくうだったりします。

購入すると、やっぱり漫画と同じく場所をとってしまいますし。

しかし、便利な世の中になったもので、今では動画配信サービスでいつでも気軽に数クリックすれば見ることができるようになりました。

月額一定の料金を払えば、好きなアニメが見られます。

しかも、料金もDVDだったら数枚借りれば同じくらいの料金です

DVDだったらその中身のタイトルしか見れないですけど、動画配信サービスなら見切れないくらいの種類の中から選べます

だから、アニメを見るなら動画配信サービスが良いなって思ってます。

とはいっても、動画配信サービスって今はいろいろありますよね。

実は、アニメが見られる動画配信サービスはいろいろ試しました。

その話を記事にしているので、よかったらこちらも覗いてみてください。

アニメが見られるサービスをいろいろ試してみた話はこちら

コメントを残す