漫画紹介

過去の後悔と切ない思いを抱えた少年が青年になるまでを描いた漫画「聲の形」

人生において、人間関係で失敗したことはありますか?

言ってはいけない事を言って連絡が途絶えてしまったり、傷つけるような言動や行動をとってしまったり…

その失敗に気づいた時には、もう取り返しがつかないかも…などと落ち込んでしまいますよね。

知り合いのMさんも、そんな体験をした内の1人で、「もう無理かも。」と、思っていたようです。

ですが、偶然手にした「聲の形」という漫画を読んで、意識が変わったとのこと。

Mさんは、時間がかかっても、誠意を持って対応することが大切だと思ったそうです。

「聲の形」ってどんな漫画?

作品名:聲の形

作者:大今良時

出版社:講談社

掲載誌:週刊少年マガジン

コミック:7巻(完結)

内容:少年時代に同級生の西宮硝子に行ってしまった過ちを、高校生になった主人公の石田が、月日をかけて関係を取り戻そうとする。

作品補足:「聲の形」はオリジナル版やリメイク版など数種類存在しますが、今回はリメイク版(読み切りではなく連載されたもの)を紹介します。
また、映画も公開された作品です。

「聲の形」を試し読み

あらすじ

お前なんかに出会わなきゃよかった。
もう一度、会いたい。

耳の聞こえる少年・石田将也(いしだしょうや)。
耳の聞こえない転校生・西宮硝子(にしみやしょうこ)。
ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。
やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。
幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。

出典元:講談社コミックプラス

登場人物

主人公の将也、ろうあ者の硝子など2人を取り巻く人物が出てきます。

石田 将也(いしだ しょうや)

本作の主人公。

やんちゃすぎる少年時代を過ごす。

ある日、将也のクラスに転校してきた、西宮硝子と出会う。

硝子は聴覚障害を持つ、いわゆる「ろうあ者」だった。

彼女をいじめ続けた将也だったが、今度は自分がいじめられる立場に。

西宮 硝子(にしみや しょうこ)

将也の通う学校に転校してきた女の子。

聴覚障害を抱えている。

硝子は必死にクラスになじもうとするが、将也はじめ、クラスメイトから

いじめを受けるようになってしまい、転校を余儀なくされてしまう。

島田 一旗(しまだ かずき)

将也と行動を共にしていた。

硝子をいじめて楽しんでいたが、

いじめが発覚後は、将也をいじめる側へ。

広瀬 啓祐(ひろせ けいすけ)

将也と一緒に行動して遊んでいた仲間。

島田と同じく、硝子をいじめていたが、

発覚後は、将也をいじめる側へ。

スマホで漫画を読もう

スマホでも漫画が読めるサービスが便利でよく使ってます。

よく使うサイトを2つ紹介しますね。

ebookjapan

約約50万冊の本を配信しているebookjapan。

ブログの運営もあって、いろいろ漫画を探したりしますが、「ほかのサイトにはないのにebookjapanにはある」といったことも多かったです。

シリーズごとにまとめてくれる機能も重宝してます。

Yahoo!プレミアム会員だとよりお得に使えるので、無料でプレミアム会員になれるソフトバンクユーザーには特におすすめです。

初回登録特典で6冊まで半額になるクーポンがもらえますよ!

ebookjapan

BookLive!

CMでもおなじみのBookLive!

配信数は100万冊以上あり、無料で読める漫画も、1万8000冊以上あります。

ebookjapanで見つからなかった漫画も電子書籍化されていない限りあるんじゃないかと思うくらい配信してくれてますね。

使いやすさNo.1に選ばれているように、多彩な絞り込み検索、途中まで読んだところまで、複数端末で同期できるしおり機能など、便利な機能があります。

漫画を隙間時間にちょこちょこ読み進めるなら特におすすめできます。

BookLive!

実は、他にもいろいろなサービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話はこちら

将也の少年時代

主人公の石田将也は、やんちゃすぎる少年時代を過ごしていました。

毎日を「退屈との戦い」と言い、学校が終わるとやんちゃなことばかりしている子供でした。

常に、どうすれば退屈でなくなるか。ということを考えています。

そんな将也が、どのくらいやんちゃかと言うと…

第○回度胸試し大会と称して、橋の上から川へダイブしたり、大きなねずみを捕まえてペットにしようとしたり…。

いくら好奇心旺盛な子供でも、これは危ないです!

下が川と言えども、一歩間違えたら大ケガに繋がりかねないですし、

ねずみに噛まれでもしたら、感染症などが心配になってしまいますよね…。

もしも自分の子供だったら、秒で叱ってしまうようなことばかり繰り返します。

そんなある日、遊び仲間の島田は塾にあまり行ってないことを親に叱られ、将也の誘いを断ります。

また、もうひとりの仲間、広瀬にも「もう少し安全で、身になる時間の使い方をしよう」と言われてしまいます。

こうして、将也の退屈な日々が始まってしまいました。

退屈な時間に押しつぶされそうになっている中、将也の通う学校に、転校生がやってきます。

彼女の名前は、「西宮 硝子」

実は耳が聞こえません。

みんなとコミュニケーションを取る方法は、ノートを使っての筆談。

硝子が転校してきたことによって、将也の退屈だった毎日が変わっていくことになります。

退屈な日々からの脱出

硝子は耳が聞こえないので、ノートを使ってクラスに馴染もうとします。

始めの内はみんなと仲良くコミュニケーションを取っていた硝子ですが、徐々にいじめの対象になっていきます。

いじめの主犯格は将也。

「正しい西宮の使い方」と言い、将也がとった行動は、硝子を精神的に追い込んでいきます。

将也は、退屈な日々から脱するために、こんないじめを行いました。

・ノートや机に落書き

・聞こえを確かめるために、近くで大声を出す

・硝子をめがけて上からゴミを落とす

・必要な声掛けをせず、校庭に1人取り残す

・補聴器を無理やり外して、ケガをさせる

・上手く発音できない硝子のしゃべり方をまねする。

…酷いですよね。

しかし硝子は、泣くどころか怒ることもせず、ノートを使って筆談をします。

恐らくですが、前の学校でもいじめられていたのでは?と思いました。

なので、自分の感情をできるだけ出さずに対応していたのかも、しれませんね。

もしそうだとしたら…と考えたら、切ない気持ちで、胸が締め付けられるような思いになりました。

耳が聞こえる、聞こえないに関わらず、いじめは行ってはいけません。

その人の人格を否定することになり、多大なる精神的苦痛を与えてしまうからです。

特に補聴器を無理やり外すという行為は、耳の聞こえない硝子にとって致命的です。

しかも子供の補聴器は耳の形に沿うように、型を取って作られるものだそうで、

無理に外そうとすると、外耳に傷がついて血が出てしまうこともあるそうです。

補聴器は、5ヶ月の間に8個も壊されていました。

そしてとうとういじめの件が、硝子の母親から学校に連絡がいき、将也の母親の耳にも入ることになってしまいました。

自己責任の重さ

補聴器の件からしばらくして、硝子は転校していってしまいました。

実は硝子をいじめている間、たまにクラスメイトから忠告を受けていた将也。

担任の対応も同じで、度々呼び出された将也に注意をしていました。

何があっても「自己責任」だと。

将也はこの言葉の意味を、補聴器の件で設けられた話し合いで、身をもって知ることになるのです。

その日、硝子は学校を休んでいました。

話し合いの場では、一緒にいじめを行っていたクラスメイトから裏切られ、

「僕は注意したんです」

「酷いとは思ったけれど、何も言えなかった」

「どうして仲良く出来ないのかと思っていた」

などと非難を浴びてしまいます。

その日を境に、今度は将也がいじめの標的になりました。

いじめを訴えようとした将也に担任は、

「きっかけを作ったのはお前だ。」

「西宮をいじめた奴が、なぜ友人を裁く権利があると思うんだ?」

「自己責任だと言ったはずだ。」

と言われ、将也は落胆(らくたん)します。

担任の将也に対する対応も悪いと思いましたが、クラスメイトも責任を逃れようと、

率先していじめを行っていた将也に、全てを押し付けたのです。

人が嫌がることはやってはいけない。

人の悪口は言ってはいけない。

自分に返ってくるよ。

そう教えられたことがあったのを、思い出しました。

後悔した将也がとった行動とは

将也へのいじめは、小学校を卒業するまで続きました。

中学校では、「女子をいじめて転校させたやつ」と噂を流され、結局ひとりぼっちで過ごすことになります。

友達と楽しく遊んだり、はしゃいだり。青春の時間を1人で過ごすことになってしまった将也。

青春時代が寂しい結果になってしまうのは、とても切ないですよね。

小学校で、硝子が転校する前から始まっていたいじめ。

自分が硝子にしたように、今度は将也自身の机に落書きされていました。

それを将也に分からないように消していてくれたのは、硝子だったのです。

自分だけが何も知らず、愚かだったと後悔の念を抱くようになります。

時が経ち、将也は高校生3年生に。

相変わらず人と関わりを持とうとしません。

将也は、他の人たちには何も期待しまいと、自分の命を経つ覚悟を決めます。

その前に、やるべきことをする。

そう決めた将也は、アルバイトや私物を売り、将也の母が硝子の家に支払った補聴器代170万を返済し、

手話を覚え、硝子を探し出し、やっとの思いで再会を果たします。

硝子にこれまでの事を謝った後、自殺をするつもりでした。

自分のためにここへ来た

ずっと思ってることがあるんだ

小6のあの時

あの時お互いのこえが聞こえてたら

どんなに良かったか

俺は俺が嫌いだ

自分勝手で思いやりがなく

クラスメイトを見下すことで生き延びてきた

17年間生きてきて1度もイイ奴だったことがない

あの時は傷つけあうことでしかこえを伝えられなかった

今んなってそれがすごく悔しい

何よりもその頃の自分から全く変わってないところに腹が立つ…!

だけど今では…わかる…つもり…

お前のこえ…

西宮 俺と お前 友達になれるか?

出典元: 聲の形 2巻より

思いの丈を硝子にぶつけた将也でしたが、思わず「友達になれるか?」と言ってしまいます。

硝子に謝った後、自殺するつもりだった将也の計画は失敗に終わり、自宅へ帰ることに…

ですが、これをきっかけに将也と硝子の関係に変化が訪れます。

将也は、これまでの過ちを正し、硝子との関係を見直すチャンスを得たのです。

これは将也が心から後悔し、変わりたいと願い、硝子に誠実な対応をした結果だと思います。

まっすぐ、自分の気持ちを素直に伝えること、過ちを犯してしまった自分を受け入れることが大切だと思いました。

全てを乗り越えるには、まだ問題があります。

少しずつ将也の周りにも人が集まり始めますが、小学校の同級生とも会わなければならない時もきます。

将也が、硝子と友達になれる日は来るのでしょうか?

今まで、何度かあったチャンスを逃してきた翔也。

このチャンスを逃さずに、しっかりと前を向いて歩いていって欲しいですね。

まとめ

「聲の形」を紹介してきました。

謝るきっかけは、自分のためでもいいと思います。

ですが、その先は自分がやってしまったことを、どのように償って(つぐなって)いくかが大切ですよね。

将也の道のりはまだ長いですが、

・過去は消せないけど、取り返しのつかないことなんてない。

・反省し、誠実に対応していくことで再び信頼を得ることができる。

・自分を受け入れることから始まる。

と思います。

もしも心の中に、後悔していることがあったら、自分を受け入れることから始めてみませんか?

「聲の形」を試し読み

漫画を読むならスマホで!

漫画はシリーズによっては何十巻ともなるし、それを保管するとなると部屋の中の保管場所に困りますよね。

僕も、電子書籍が普及する以前は、すぐに本棚がいっぱいになって部屋の隅から机の隅にまで漫画が積まれていました。

さすがにそれではまずいと思い、泣く泣く売りに出したことも。

それに、外で読もうと思うと荷物になるので持ち運びも大変です。

1冊ならまだしも、何冊ともなるとカバンの中がかさばって場所をとるし、移動するにはちょっとした重さが結構負担になります。

肩掛けカバンだと30分もすると取手が肩に食い込んで痛くなります。

なので、スマホで漫画が読める電子書籍サービスは本当に助かってます

スマホであれば普段から持ち歩くし、外出の際も楽ちんです!

ここでは僕のよく使うサービスを2つお伝えしますね。

ebookjapan

約約50万冊の本を配信しているebookjapan。

ブログの運営もあって、いろいろ漫画を探したりしますが、「ほかのサイトにはないのにebookjapanにはある」といったことも多かったです。

シリーズごとにまとめてくれる機能も重宝してます。

Yahoo!プレミアム会員だとよりお得に使えるので、無料でプレミアム会員になれるソフトバンクユーザーには特におすすめです。

初回登録特典で6冊まで半額になるクーポンがもらえますよ!

ebookjapan

BookLive!

CMでもおなじみのBookLive!

配信数は100万冊以上あり、無料で読める漫画も、1万8000冊以上あります。

ebookjapanで見つからなかった漫画も電子書籍化されていない限りあるんじゃないかと思うくらい配信してくれてますね。

使いやすさNo.1に選ばれているように、多彩な絞り込み検索、途中まで読んだところまで、複数端末で同期できるしおり機能など、便利な機能があります。

漫画を隙間時間にちょこちょこ読み進めるなら特におすすめできます。

BookLive!

実は、僕はいろいろな電子書籍サービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話

コメントを残す