アクション・バトル(アニメ)

応援したくなる最強主人公!?おすすめアニメ「モブサイコ100」の魅力を解説!!

主人公が戦って敵を倒すシーンってとてもカッコいいですよね。

特に、主人公が最強の力を持って戦うアニメは

圧倒的な力を持ち、敵を無双する様に爽快感を感じる!!

と、魅力的に感じますよね!

しかし、モブサイコ100」他の主人公が最強のアニメよりさらに感情移入ができ、主人公のバトルに熱くなれます。

今回は、その理由とともに「モブサイコ100」の魅力について解説していきます。

 

「モブサイコ100」ってどんなアニメ?

作品名:モブサイコ100

キャスト:

影山茂夫:伊藤節生

霊幻新隆:櫻井孝宏

エクボ:大塚明夫

影山律:入野自由

花沢輝気:松岡禎丞

最上啓示:石田彰

スタッフ:

監督:立川譲

シリーズ構成:瀬古浩司

キャラクターデザイン:亀田祥倫

美術監督:河野羚

色彩設計:中山しほ子

撮影監督:古本真由子

編集:廣瀬清志

音響監督:若林和弘

音楽:川井憲次

アニメーション制作:ボンズ

制作年:

漫画:2012年4月18日~2017年12月

アニメ1期:2016年7月12日~9月27日(全12話)

アニメ2期:2019年1月7日~4月1日(全13話)

OVA:2019年9月25日

簡単な概要:超能力を使える最強の中学生、影山茂夫が主人公の青春サイキックストーリー。

視聴できる動画配信サービス:

Amazon prime video

U-NEXT

Hulu

FODプレミアム

  dアニメストア

Netflix

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

アニメを見るなら動画配信サービス

動画配信サービスも色々ありますよね。

実は、アニメを見られるサービスをいろいろ試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

アニメが見られるサービスをいろいろ試してみた話はこちら

あらすじ

ごくフツーの暮らしがしたいと願う中学2年生・影山茂夫、通称「モブ」。

一瞬で人混みに紛れてしまうほど、サエない外見をした彼は、

じつは誰よりも強力な超能力の持ち主だった……。

そんなモブと彼を取り巻く人々との青春や恋、静かに降り積もりやがて爆発する数々の感情。

そして、かつてモブの前に立ちはだかった謎の組織「爪」の再臨。

思春期真っ只中の少年の魂が咆哮する、明日はどっちだ!?

出典元:TVアニメ『モブサイコ100』公式サイト

 

登場人物

影山茂夫 (かげやま しげお)

本作の主人公、通称「モブ」。

塩中学2年生で本物の超能力者です。

運動や勉強はできませんが、サイコキネシス、テレキネシスなどの強力な超能力を使えることから、霊幻新隆が経営する「霊とか相談所」で時給300円のアルバイトを行っています。

さらに、能力を最大限に引き出す「100%モード」では、誰にも敵わない最強のパワーでバトルを繰り広げます。

霊幻新隆 (れいげん あらたか)

「霊とか相談所」を経営し、モブからは師匠と呼ばれています。

本人は超能力を保有していない一般人ですが、

カリスマ性のある人柄でモブとの信頼関係を築いています。

エクボ (えくぼ)

神になるという野望を抱いた上級悪霊です。

(笑)という宗教団体をつくり、人間を支配しようとしていた矢先、モブと遭遇し、敗北。

その後は姿を変え、モブと行動をともにします。

影山律 (かげやま りつ)

モブの実の弟です。

スポーツ万能、成績優秀でモブにできないことをこなせる秀才です。

しかし、兄と違い超能力を持ってない自身にコンプレックスを抱えています。

花沢輝気 (はなざわ てるき)

黒酢中学校の裏番長として君臨していましたが、モブとの戦闘を経て、

自身が超能力に溺れていたことを知りました。

超能力を使用する際に、内股になるという特徴があります。

思わず感情移入してしまう、モブの生きざま

モブに宿る、最強能力とは?!

モブは、サイコキネシス、テレキネシスなど、あらゆる超能力を使うことができます。

普段は感情を抑え、極力超能力の使用を控えているモブですが、感情が高ぶり許容量の100%に達すると、強大なパワーで能力を発揮します。

100%を超え、???%という暴走状態に陥ることもあり、その時の力はモブ本人にもコントロールできないほど強大なものになります。

もしそのまま、モブが力に飲み込まれれば、誰も止めれる人はいません。

そうなるとまさに地球滅亡です。

敵には勝ってほしいけど暴走して地球滅亡はマズい!!というドキドキのバトルで視聴者としては非常に熱が上がるポイントです。

自身の能力へのコンプレックス

モブは幼いころ、能力が???%になってしまい暴走し、弟の影山律に大ケガを負わせたことがありました。

自身の能力に悩んでいた時に「霊とか相談所」を発見し、霊幻新隆に悩みを打ち明け、「超能力は人には向けない」と約束します。

この「超能力は人には向けない」という意思は、物語の中で非常に需要な軸になります。

あなたがもし他の人よりも特出した能力を持っていたとしても、その能力をひけらかすだけでは、人間として幸せに生きていくことはできないですよね?

モブは霊幻新隆と約束を交わすことをきっかけに、能力だけでは実現できない、人間らしい生活を実現するために様々な努力をします。

好きな子にモテたくて肉体改造部に入ったり、能力を使わずにマラソン大会で上位になるため、必死でトレーニングをしたり…

もともとスポーツが全くできないモブが、好きな子のためにボロボロになりながらも頑張る姿は、非常に共感できます。

超能力に葛藤するモブ

「超能力は人には向けない」と約束し、霊幻新隆のもとで働きながら力のコントロールを学ぶモブ。

しかし、仲間や自分自身の大切だと思うものを守るため、能力を使うべきか葛藤する数々の出来事に遭遇します。

なるべく超能力を使いたくないモブは、説得したり、体を張ったりしますが、それでも解決できない力や悪意に対しては、自身の力を開放して戦います。

モブが普段積み上げてきた、人間としての行いや思いが深い分、超能力で相手を倒す戦闘シーンは非常に白熱し、モブが最強であることを忘れて「がんばれ!!」と応援してしまうような展開を楽しめます。

作画アニメーションで魅せる、爽快迫力バトル!!

「モブサイコ100」のアニメーション制作を行っているボンスは、

「僕のヒーローアカデミア」「鋼の錬金術師」「交響詩篇エウレカセブン」などを制作している会社です。

本作品では、モブと敵が超能力で繰り広げる壮大なバトルを、独特の色彩設計や絵柄、そしてボンズの持つ高クオリティーのアニメーション技術を駆使して表現しています。

特に、作画アニメーションによるバトルシーンの躍動感と迫力が非常に印象的で、町全体を巻き込んで戦う様は爽快感抜群です!!

まとめ

今回は「モブサイコ100」の魅力について解説してきました。

まず、能力にコンプレックスを感じながらも自分と向き合う姿は、

非常に共感することができます。

また、躍動感ある作画アニメーションによるバトルは

今まで様々なアニメを見てきた方でも、期待を裏切らない爽快感があります。

今まで多くの主人公最強のアニメを見てきた方でも、モブの成長に一喜一憂し、熱くなれると思います!!

ぜひ一度、視聴してみたらどうでしょうか。

「モブサイコ100」が見られる動画サービス

Amazon prime video

U-NEXT

Hulu

FODプレミアム

  dアニメストア

Netflix

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

アニメを見るなら動画配信サービスを利用しよう!

僕はアニメも好きです。

昔はよくビデオやDVDを購入したり、某レンタルショップにを借りに行ってました。

ただ、借りものだと気を使うし、返却期限があるため、見るのを急かされてしまいますよね

それに、そもそもビデオやDVDは見るたびに入れ替えないといけないのが結構おっくうだったりします。

購入すると、やっぱり漫画と同じく場所をとってしまいますし。

しかし、便利な世の中になったもので、今では動画配信サービスでいつでも気軽に数クリックすれば見ることができるようになりました。

月額一定の料金を払えば、好きなアニメが見られます。

しかも、料金もDVDだったら数枚借りれば同じくらいの料金です

DVDだったらその中身のタイトルしか見れないですけど、動画配信サービスなら見切れないくらいの種類の中から選べます

だから、アニメを見るなら動画配信サービスが良いなって思ってます。

とはいっても、動画配信サービスって今はいろいろありますよね。

実は、アニメが見られる動画配信サービスはいろいろ試しました。

その話を記事にしているので、よかったらこちらも覗いてみてください。

アニメが見られるサービスをいろいろ試してみた話はこちら

コメントを残す