漫画紹介

さくらももこのギャグがツボな方には!1巻完結漫画おすすめ「永沢くん」

さくらももこのブラックなギャグが好きな貴方へ…!

国民的アニメ、「ちびまる子ちゃん」

まるちゃんもたまちゃんもとっても可愛いくて、ほのぼのとした雰囲気で…。

今やサザエさんと並ぶどこに出しても恥ずかしくない日本の国民的アニメって感じですよね。

ですが、実は漫画のほうの「ちびまる子ちゃん」って、アニメとだいぶイメージが違っていたりしています。

僕の知り合いのNさんも小さいころからちびまる子ちゃんのアニメの方を観て、育ってきた女性のひとりでした。

当時Nさんは、まるちゃんって時々やけに笑える話があるけど、基本的にはのほほんとしたお話だなぁという印象だったんだそうです。

なので、まるちゃんって読んだことはないけど、原作もきっとほのぼの漫画なんだろうなと勝手に思い込んでいたんだとか。

ですが同じくさくらももこ先生の作品「コジコジ」のアニメを観て、Nさんはそれが大変な誤解だったと衝撃を受けます。

ほのぼのとみせかけたブラックユーモアな作風!

なんて毒が強くて、ハイセンスなギャグの数々!

今にして思えば、アニメの「ちびまる子ちゃん」は児童向けにかなりマイルドにモノにされていたのですね。

けれども時々は原作に忠実な回もあったため、そのたびにNさんは笑っていたわけです。

「ああ、私ってさくらももこ先生のブラックギャグが好きみたい…!」

すっかりさくら先生の魅力に気付き、虜となってしまったNさん。

以来、暇さえあれば図書館に足を運び、さくらももこのエッセイや漫画を読み漁っていたのだといいます。

先程はブラックユーモアなんて書きましたが、さくらももこ先生の作品は、怖いものなんて少しもなく、むしろとっても笑えるものばかりなんですよ!

ですが、笑いの種類が暗いというか、少し変わっているのですね。

例えばしょうもない人に絡まれるなど、状況的には実際に自分の身におきたら嫌だし気まずいなぁと思うようなことばかり。

けれどもそれがさくら先生のやけに冷静な視点から描かれると、不思議ばかばかしく感じてしまいます。

そして時にはツボに入ってクスリどころじゃなく笑ってしまうのだそうです。

「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くからみたら喜劇だ」

なんて、喜劇王のチャップリンも言っていたそうですが、さくらももこのギャグは正にそれを地でいくような感じです!

またキャラクターの辛辣っぷりもかなりのもので、その言葉回し自体がかなり面白かったりもします。

なので、さくら先生のギャグは状況が酷いほどに、キャラクターが嫌なやつであるほどに切れ味がどんどん増していくわけですね!

そんなさくらももこの切れ味が1,2を争うほどに鋭い漫画が、今回紹介する「永沢君」(全1巻/さくらももこ著/1993年~1995年「ビックコミックスピリッツ」掲載)です!

「永沢君」を試し読み

タイトルをみて貴女は「え…永沢君って…。あの?」と思ったのではないでしょうか?

そうなんですこの漫画は中学生になった永沢君が主役の、「ちびまる子ちゃん」スピンオフ漫画なのです!

永沢君ってアニメですらもはや嫌な奴の代名詞であると言っていいくらいのキャラクターですよね!

そんな永沢君が主役になっているわけですから、当然、さくら先生のギャグは相当な程にキレッキレになっていますよ!

永沢君あらすじ

清水市立桜中学校に通っている永沢君男(ながさわ きみお)

同じ小学校だった藤木茂(ふじき しげる)小杉太(こすぎ ふとし)とよく3人でつるんでいます。

けれど中学生になった永沢君はどうもますます性格が悪くなっているようで…!?

さらに思春期男子特有のこじらせ感もあり、なかなかに悲惨なことになっております。

今日も永沢君はえげつない毒舌の数々で藤木や小杉を振り回し、おとしいれていくのです!

「永沢君」を試し読み

単純なスピンオフ漫画ではない「永沢君」

小学校時代でも、仲の良いはずの藤木君を卑怯者呼ばわりしていたり、かなり嫌味な性格が目立つ永沢君。

なのですが、中学生になり落ち着くどころか、よりそれがパワーアップしてしまったみたいですね(笑)

スピンオフ元漫画「ちびまる子ちゃん」では、たまちゃんとの友情だったりと、結構感動する回もあったりするのですが、本作ではそんな良い話は一切ありません!

ただどこまでも性格の悪い永沢君をみて、そのあまりの酷さに笑ってしまうという、潔い程にしょーもないギャグマンガとなっております!

ああ、藤木や小杉が可哀そう。だけど申し訳ないけど、面白い…!

またNさんは、初めて「永沢君」を読んだときに「あれ?こんなに小杉と仲良くなかったよね?」とかなり意外に思ったんだそうです。

後に知ったのですが、小杉って「永沢君」からの、逆輸入キャラクターだったのだとか。

「ちびまる子ちゃん」と「永沢君」は同時期に連載されていたので、そういうことも可能だったわけです。

他にも「永沢君」には花輪君、城ケ崎さん、野口さんも出てきますが、なんと意外なことにこの3人、花輪君以外は皆「永沢君」で初登場したキャラなんだとか。

「永沢君」って実はかなりオリジナルキャラクターの多い漫画だったのですね。

そして逆に、その他のキャラクターは全くと言っていい程でてこなかったりもします。

たまちゃんはもちろんのこと、まるちゃんですら回想にしか登場せず。

学校かクラスが違うのか、中学生故にあまり女子と話さなくなったからなのかそのあたりは明言されていませんが・・・。

どちらにせよこの「永沢君」は、単純な「ちびまる子ちゃん」スピンオフではなく、かなり独自の世界観の漫画になっております!

永沢君だって思春期なんです!カッコイイ男に憧れるし、恋だってしちゃうんです!

本作は中学生になった永沢君が思春期をこじらせ、数々の痛々しい行動をおこしてしまいます。

そしてその痛々しい行動のひとつひとつが、大変な面白ポイントとなっているのです!

例えば、100倍カッコよくなれる本を買って、その気になってしまったり、不良に憧れて眉毛まで剃りあげ、取り返しがつかなくなってしまったり…。

中学生あるあるなのかもしれませんが、それをあの永沢君がする時点で、もうNさんはツボに入ってしまって仕方なかったのだとか。

また永沢君たちもお年頃ですから、恋のひとつやふたつ、しちゃいますよね!

実は本作では、かなり複雑な恋愛模様が繰り広げられているのだそうです。

というのも…。実は「ちびまる子ちゃん」では、巻き髪の美人でお馴染みの城ケ崎姫子さん…。

なんと、あの永沢に恋してしまうんです!

・・・その事実を知って恐らく、大抵の方は驚いたことだと思います。

「いったい、どうして…?」

「城ケ崎さん、あの永沢のどこに惹かれたんだろう…?」

中にはそう考えた後に。

「いや、…きっと城ケ崎さんは永沢のなにか良いところに気が付いて、そこに惹かれたんだな!」

なんて思った方もいるかもしれません。

ですがご安心ください!

先程も書いた通り、この「永沢君」のストーリーにはそんな感動をさそうような良い話は一切ございません!

あるのはただ、ろくでもなさ故のキレッキレのユーモアだけ!

城ケ崎さんが永沢を好きになる理由も、青年誌だからこそ描けるような、最高にどうしようもないような理由だったりします。

そして主人公、永沢の意中のお相手は・・・?

そのあたりはネタバレしない方が楽しく読めるので、ここでは書かないことにしますね。

スマホで漫画を読もう

スマホでも漫画が読めるサービスが便利でよく使ってます。

よく使うサイトを2つ紹介しますね。

ebookjapan

約約50万冊の本を配信しているebookjapan。

ブログの運営もあって、いろいろ漫画を探したりしますが、「ほかのサイトにはないのにebookjapanにはある」といったことも多かったです。

シリーズごとにまとめてくれる機能も重宝してます。

Yahoo!プレミアム会員だとよりお得に使えるので、無料でプレミアム会員になれるソフトバンクユーザーには特におすすめです。

初回登録特典で6冊まで半額になるクーポンがもらえますよ!

ebookjapan

BookLive!

CMでもおなじみのBookLive!

配信数は100万冊以上あり、無料で読める漫画も、1万8000冊以上あります。

ebookjapanで見つからなかった漫画も電子書籍化されていない限りあるんじゃないかと思うくらい配信してくれてますね。

使いやすさNo.1に選ばれているように、多彩な絞り込み検索、途中まで読んだところまで、複数端末で同期できるしおり機能など、便利な機能があります。

漫画を隙間時間にちょこちょこ読み進めるなら特におすすめできます。

BookLive!

実は、他にもいろいろなサービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話はこちら

なぜか実写ドラマにもなった「永沢君」

なんとこの「永沢君」は2013年、TBSテレビで5分枠ですが実写ドラマ化までしちゃってるんです!

キャスティングは永沢君劇団ひとり!藤木君ははんにゃの金田哲!

小杉は森三中の大島、野口はハリセンボンはるかだったりと、一応中学生設定の漫画にもかかわらず、何故だかアラフォー近い方々が演じております(笑)

Nさんも初めてドラマを観たときは「これってコントじゃない!」とかなり笑ってしまったんだとか。

ですが実写にもかかわらずちゃんと永沢君の頭が再現されていて、かなりのこだわりも感じたんだそうですよ。

まとめ

この永沢君は全1巻と短くまとめられていますが、その実ギャグに関しては相当に濃いものになっております。

まさにさくらももこ先生のユーモアセンスが一番輝いている1冊と言っても過言ではありません!

なので原作の漫画やエッセイなどで、さくらももこのギャグに一度でも笑ったことのある貴方なら、かなり満足のいく作品になっているのではないでしょうか?

さぁ貴女も「永沢君」で思いっきり笑ってしまいましょう!

「永沢君」を試し読み

・・・因みにこの「永沢君」は1巻で完結しておりますが、この他に永沢君の4コマ漫画などを集録した本「永沢君、推し!!」もございます!

「永沢君、推し!!」を試し読み

そちらも勿論オススメです!

漫画を読むならスマホで!

漫画はシリーズによっては何十巻ともなるし、それを保管するとなると部屋の中の保管場所に困りますよね。

僕も、電子書籍が普及する以前は、すぐに本棚がいっぱいになって部屋の隅から机の隅にまで漫画が積まれていました。

さすがにそれではまずいと思い、泣く泣く売りに出したことも。

それに、外で読もうと思うと荷物になるので持ち運びも大変です。

1冊ならまだしも、何冊ともなるとカバンの中がかさばって場所をとるし、移動するにはちょっとした重さが結構負担になります。

肩掛けカバンだと30分もすると取手が肩に食い込んで痛くなります。

なので、スマホで漫画が読める電子書籍サービスは本当に助かってます

スマホであれば普段から持ち歩くし、外出の際も楽ちんです!

ここでは僕のよく使うサービスを2つお伝えしますね。

ebookjapan

約約50万冊の本を配信しているebookjapan。

ブログの運営もあって、いろいろ漫画を探したりしますが、「ほかのサイトにはないのにebookjapanにはある」といったことも多かったです。

シリーズごとにまとめてくれる機能も重宝してます。

Yahoo!プレミアム会員だとよりお得に使えるので、無料でプレミアム会員になれるソフトバンクユーザーには特におすすめです。

初回登録特典で6冊まで半額になるクーポンがもらえますよ!

ebookjapan

BookLive!

CMでもおなじみのBookLive!

配信数は100万冊以上あり、無料で読める漫画も、1万8000冊以上あります。

ebookjapanで見つからなかった漫画も電子書籍化されていない限りあるんじゃないかと思うくらい配信してくれてますね。

使いやすさNo.1に選ばれているように、多彩な絞り込み検索、途中まで読んだところまで、複数端末で同期できるしおり機能など、便利な機能があります。

漫画を隙間時間にちょこちょこ読み進めるなら特におすすめできます。

BookLive!

実は、僕はいろいろな電子書籍サービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話

コメントを残す