コメディ

父は美少女VTuber!ギャグ漫画「オヤジが美少女になってた話」が不憫だけど爆笑出来る!

令和の時代、巷で評判のVTuberをご存知ですか?

バーチャルのアバターを作り、特殊な機材を装着した人間が操作するもので、

男性から女性、子供、動物の姿をしているものまで、バリエーションは多岐にわたります。

特に美少女VTuberは、可愛い女性の姿をしていても、中身が男性であることもよくあります。

その証拠に、美少女VTuberとして活躍しているおじさん達を指す、

「バ美肉(びにく)おじさん」(バーチャル美少女の体を受肉しているおじさんという意味です)

という言葉が存在するくらいですから、リスナーたちはその可能性も一緒に楽しんでいたりします。

でもそれはあくまで、赤の他人だからという話。

おじさんかもしれないけど、大好きな美少女VTuberの正体。

もしそれが自分の父親だったら?

申し訳ないですが、考えるだけで身の毛がよだちます。

漫画「オヤジが美少女になってた話」は、思春期真っ盛り少年の主人公が、

実の父親が大好きな美少女VTuberとして活躍していた事実を知ってしまい、

苦悩しつつ自らもVTuberとしての楽しさを知っていくという、

かなりぶっ飛んだ設定のギャグ漫画です。

しかし、もしかしたらこの世のどこかには、妻子に隠れてバーチャル美少女の体を受肉しているお父さんもいるのかも?

秘密を共有させられる主人公の不憫さと、

興味を持たずに生きていたら決して分からないVTuberならではの苦悩を描いたギャグ漫画、

「オヤジが美少女になってた話」について紹介していきます!

 

「オヤジが美少女になってた話」ってどんな漫画?

作品名:オヤジが美少女になってた話
作者:赤信号わたる
出版社:双葉社
掲載誌:月刊アクション
コミック:3巻(完結)
内容:

登録者100万人を超える美少女VTuber「キヅケヤイ」。

某有名VTuber「キズナ○イ」に名前が似ているのは、今は置いておきましょう。

現VTuber四天王の一人で、女子力の高さと可愛らしさで多くのリスナーを沼へ沈めています。

中身が男性であることが多い美少女VTuberですが、

女子力の高いキヅケヤイの中身は本物の美少女であると噂されていました。

そんなキヅケヤイの大ファンである主人公たかしは、

ひょんなことがきっかけでキヅケヤイの正体が自分の父親であることを知ってしまいます。

失恋のショックに加えて、知りたくなかった父の秘密に頭を抱えるたかしですが、

悲劇はこれだけではありませんでした。

何と母までもがVTuberとして活動していることが分かります。

全く人気の無い母のほど遠い目標を叶えるため父に弟子入りしたたかしは、

両親をVTuberの沼から救い出すはずが、自身でも気付かないうちにVTuberの沼へハマっていく!?

不憫だけど爆笑出来る、令和のファミリーギャグ漫画!

「オヤジが美少女になってた話」を試し読み

あらすじ

国民的美少女Vチューバ―の中身が父親で!? SNS発の話題作、ついに書籍化!!!! 美少女Vtuber・キヅケヤイのファンの少年・たかしは、尊敬する父親がキヅケヤイの“中の人”という衝撃の真実を知ってしまう。さらには母親にも秘密があり…!? ネットの海で大幅にすれ違う父子の行く末は!? 大人気ハイテンション・コメディ!!

出典元:ebookjapan

 

登場人物

主人公である少年たかしと、その両親についてご紹介します。

たかし

本作の主人公。

キヅケヤイの大ファンで初恋の相手でしたが、その正体が父であることにショックを受けます。

しかし後に母までもがVTuberをやっていたことを知り、家族関係を壊さないよう人知れず苦労するように。

家族の秘密全てを知る、唯一の存在でもあります。

かつてキヅケヤイにプレゼントした音源を父の踊り付きで全世界に配信されるという辱めを受けたり、

成り行きで自身もVTuber(しかも女性)をやらされたりと災難続きです。

現在はキヅケヤイの妹「翼夜(よくや)ルナ」として活躍(?)中。

たかしの父

39歳。実はキヅケヤイの中身。たくましい男性ですが女子力のかたまり。

平凡な会社員でしたが、趣味で始めたVTuberの楽しさに生きがいを感じてしまいます。

こっそり会社を辞め、コツコツ稼いだ広告収入で妻子を養っていることが判明しました。

最近はキヅケヤイと人格が同化してきています。

ちなみに「キヅケヤイ」のモデルは、自らの理想の女性であるたかしの母。

たかしの母

34歳。美人ですがとにかくガサツ。大酒飲みで女子力ゼロ。

かつてアイドルになりたかった夢を諦めきれず、女性VTuber「クライテカリ」として配信を行っています。

ガサツでオッサン臭いことが原因で登録者数を稼げていませんが、

中身を本物のオッサンだと信じているコアなファンは一部いる模様。

せめて10万人まで登録者数を稼ぐまでは諦めないと豪語していますが、まだまだ遠い道のりです。

キヅケヤイを一方的に嫌っており、「安いパンチラが売りの変態」と呼んでいます。

愛する夫が憎きライバル「キヅケヤイ」の正体であること、もはや会社員ですらもない事実を知りません。

 

不憫すぎる(?)主人公

主人公たかしは、仲の良い平凡な夫婦の間に生まれた普通の少年です。

サラリーマンの父は、真面目で家族想いの優しい人で、たかしは昔から憧れていました。

父の秘密を知る、その日までは。

初恋の相手である美少女VTuber「キヅケヤイ」の生配信を楽しんでいたところ、

夕飯の時間になったため父を呼びに行くことに。

何気なく父の部屋を開けると、そこにはキヅケヤイの生配信を行う一人のおじさん、

たかしの父の姿がありました。

生配信にも関わらずたかしはうっかり叫び声をあげてしまい、

リスナーたちから「今なんか男っぽい声しなかった?」「ま まさか!」「ヤイきゅんの彼氏?」とコメントが届きます。

血相を変える父の無言の圧に、

たかしは急遽爆誕した「ヤイのお兄ちゃん」のふりをして上手く誤魔化し、

何とかその日の生放送は無事に終了しました。

後に問い詰めると、父はサラリーマンをとっくに辞めており、

稼いでくる家計の礎はVTuberの広告収入だったことが判明。

父のパンチラで飯を食っていたという事実を受け入れられないばかりか、

たかしが過去に送った「初恋です!一生愛し続けます!」というコメントが、

父にしっかり読まれていたという衝撃の事実まで飛び出します。

受け入れるのは到底無理だと判断したたかしは、母に言いつけることを決意します。

母の元へ行くと、何と母までもがVTuberの生配信中。

父とは対照的に母の人気は全く無く、リスナーから来る「オッサン」コメントにブチ切れています。

かつてアイドル志望だった母はキヅケヤイの動画を見て夢が再燃してしまい、

キヅケヤイの登録者数の10分の1、10万人を達成するため仕事も家事も手につかなくなっていました。

思春期真っ盛りの少年にとってはなかなか辛い現実ですね。

二人の秘密を同時に知ってしまったたかしは、家庭崩壊を防ぐべく秘密を守り通すことを誓います。

そして「登録者数10万人を達成したらVTuberを辞める」という母の願いを叶えるため、

父の元へ行き「配信に興味があるから登録者数を増やす方法を教えてほしい」とウソの申し出をしました。

ただ軽く教えてもらえば別に良かったのですが、

思いのほかやる気になってしまった父の元に弟子入りすることになってしまいます。

登録者数10万人は、そこそこ売れているYoutuberでもなかなか難しい数字ですから、

母の目標達成がなかなか厳しいということが分かりますね。

2日後、早速キヅケヤイの生配信を見学させられることになりました。

クネクネ動き、語尾に「キュン♡」を付けて連呼する父を、死んだ目で眺めるたかし。

母に登録者数10万人を達成させてVTuberを辞めさせ、

あわよくば父にも足を洗って欲しいたかしは何とか心を無にして耐えていましたが、

ここで父が生配信のために用意した、とっておきの企画を始めます。

それは、ファンが送ってくれた自作の音源に合わせて、歌いながら踊ってみるというもの。

しかしそれは、純粋なファンだった当時のたかしが、キヅケヤイのために送った曲でした。

もはや聞くだけでも恥ずかしい歌詞と、息子の前でノリノリで歌い踊る父を見て、

あまりの悲しさと辛さにたかしは吐血。

こうして、たかしの全く望んでいない人気VTuberへの道が始まりました。

思春期の息子にとって、初恋の相手が男だっただけでもショックですが、

まさか父親だったとしたらなおさらですよね。

さらにたかしは父の秘密を知ったことで、

大好きなキヅケヤイが父の姿(女装済み)にしか見えなくなる現象に苦しめられるようになってしまいました。

もしこれが事実ならとても笑える内容ではありませんが、

たかしのあまりの不憫さに、不謹慎ながらもつい爆笑してしまいます。

 

スマホで漫画を読もう

スマホでも漫画が読めるサービスが便利でよく使ってます。

実は、いろいろなサービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話はこちら

何故か開かれたVTuberへの道、そして苦悩

父に望まぬ弟子入りを未だ強いられているたかし。

母の登録者数の伸びも悪く、相変わらずのオッサンコメントに激怒する母を慰める日々。

母のためとはいえ「配信に興味がある」と自らがついたウソが仇となり、

父は新しい機材を買い揃え、たかしのためにVTuberのアバターを作ったと言います。

無駄に細かい設定と上手過ぎるデザインにイラつくたかしですが、

そのアバター「翼夜ルナ」の設定はキヅケヤイのツンデレな妹。

ウサギの耳が生えていて、語尾は「ピョン♡」という、

思春期男子にはあまりにキツ過ぎるキャラでした。

ウサ耳ツンデレっ娘になるのはさすがに嫌だと断ろうとしますが、

父の用意周到さと嬉しそうな表情に、つい流されそうになります。

そして極めつけの、コラボ動画の広告収入は半々でお小遣いにしても良いという提案に、

たかしはあっさり完敗しました。

お小遣いの少ない時期にこんな提案をされたらどうですか?

お金のためなら、つい男子としての尊厳も捨ててしまいそうですね!

こうして、お金のために悪魔(父)に魂を売ったたかしは、

父とのコラボ動画で自らの黒歴史を全世界に晒し、動画は30万回再生を突破。

翼夜ルナは可愛いと評判になり、リスナーたちの楽しみになりました。

たかしの心労は察しますが、徐々にVTuberの楽しさに目覚めつつあります。

やがて機材トラブルで正体がバレそうになる父、日々アンチと戦う母、

そしてVTuberの沼へ沈みつつあるたかし。

VTuberならではの苦悩にさらされながらも、家族の戦いは続きます。

たかしは家庭崩壊を阻止することが出来るのか?Vtuberに染まってしまうのか?

そして母は悲願である10万人登録者数を達成出来るのか?

家族の運命は如何に!?

気になって次のページをめくらずにはいられませんね!

 

既視感のあるネタが満載

漫画「オヤジが美少女になってた話」では、

某有名漫画へのオマージュとして、絵柄や台詞には細かいネタが数多く仕込まれています。

世代の方や漫画好きな方にはすぐ分かるような、有名なものばかりです。

例えばですが、「風雲た○し城」、「そーです私が変なおっさんです」、「TO BE CONTINUED…」、「ズキュウウウン」など、

見覚えのある言葉が目白押しです。

また、「親近効果」「カチッサー効果」など、恐らく日常では使いませんが、

実際に存在している心理学用語の解説も行われています。

勉強になるかどうかはさておき、フフッと笑えるネタが散りばめられているのも魅力の一つです。

 

まとめ

漫画「オヤジが美少女になってた話」は、誰も知らない自分になれるVTuberの世界について、

よく知らない方でも分かりやすいように説明してくれています。

今の時代が生んだ文化の影響で、

予期せず悩むことになった思春期男子、たかしの辛すぎる環境につい爆笑してしまうギャグ演出が盛りだくさんです。

家庭崩壊から家族を守るため、人知れず努力するたかし。

唯一まともなはずのたかしは、気付かぬうちに両親と同じ道へ足を踏み入れてしまいます。

そんなたかしに哀愁を感じつつも、

結局親子は似た者同士なんだなとつい微笑ましくなりますね!

本人は全く望んでいないようですが。

題名からしてぶっ飛んだギャグ漫画「オヤジが美少女になってた話」は、

何も考えず、本来なら笑ってはいけない不謹慎な場面でも笑える漫画です。

ぶっ飛んだ設定にただ笑いたい方、

少々不謹慎な笑いが欲しい方は、

心身の疲れも吹っ飛ぶかもしれませんよ!

「オヤジが美少女になってた話」を試し読み

漫画を読むならスマホで!

スマホで漫画を読むサービスをいろいろ試した話

漫画はシリーズによっては何十巻ともなるし、それを保管するとなると部屋の中の保管場所に困りますよね。

僕も、電子書籍が普及する以前は、すぐに本棚がいっぱいになって部屋の隅から机の隅にまで漫画が積まれていました。

さすがにそれではまずいと思い、泣く泣く売りに出したことも。

それに、外で読もうと思うと荷物になるので持ち運びも大変です。

1冊ならまだしも、何冊ともなるとカバンの中がかさばって場所をとるし、移動するにはちょっとした重さが結構負担になります。

肩掛けカバンだと30分もすると取手が肩に食い込んで痛くなります。

なので、スマホで漫画が読める電子書籍サービスは本当に助かってます

スマホであれば普段から持ち歩くし、外出の際も楽ちんです!

実は、僕はいろいろな電子書籍サービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話

コメントを残す