アニメ紹介

知らない人には絶対おすすめ!巨人と立体起動装置が魅力のアニメ「進撃の巨人」

「進撃の巨人」

2009年から原作である漫画の連載を開始し、2019年には1億部を突破。

さらに、

2013年から1期が放映された、アニメの人気も止まる事を知らず、ファイナルとなる第4期も、2020年12月に満を辞して放映が開始されました。

原作の連載から11年、衰えることなく、

見るもの全てを魅了し、興奮させ続けてきた、大人気アニメです。

そうは言っても、

アニメをまだ見たことがない、見ようか悩んでいると言う人もいると思います。

知人であるTさんもかつては、

「タイトルなら知ってるけど…」

「何がそんなにおもしろいんだろう?」

と、見るべきか考えている、

そんな1人だったそうです。

しかしあることをきっかけにアニメを見始めた所、

25話あるアニメを一気に見終え、改めて1話に手を伸ばそうとした所で、我に帰るくらい、夢中になったそうです。

見てよかったという満足感とともに、

「こんなにおもしろいのなら、もっと早く見ておけばよかった…」

という後悔もあったそうです。

タイトルなら知ってるけど、見ようか悩んでる…と言う方に。

アニメ「進撃の巨人」を紹介します!

「進撃の巨人」ってどんなアニメ?

作品名:進撃の巨人

キャスト:
エレン・イェーガー:梶 裕貴

ミカサ・アッカーマン:石川由依

アルミン・アルレルト:井上麻里奈

コニー・スプリンガー:下野 紘

サシャ・ブラウス:小林ゆう

ヒストリア・レイス:三上枝織

ジャン・キルシュタイン:谷山紀章

ライナー・ブラウン:細谷佳正

ハンジ・ゾエ:朴 璐美

リヴァイ:神谷浩史

スタッフ:
原作:諫山 創(別冊少年マガジン連載/講談社)

監督:荒木哲郎

シリーズ構成:小林靖子

キャラクターデザイン:浅野恭司

制作会社:WIT STUDIO

制作年:2013©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

簡単な概要:巨人と人類の戦いを描いたダークファンタジー

視聴できる動画配信サービス:

Amazon prime video

U-NEXT

Hulu

FODプレミアム

dTV

dアニメストア

Netflix

※本ページの情報は、2021年3月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

アニメを見るなら動画配信サービス

動画配信サービスも色々ありますよね。

実は、アニメを見られるサービスをいろいろ試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

アニメが見られるサービスをいろいろ試してみた話はこちら

あらすじ

巨人が全てを支配する世界

巨人の餌と化した人類は

高さ50メートルの巨大な壁を築き、

壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた…

まだ見ぬ壁外の世界を夢見る、

10歳の少年 エレン・イェーガー

エレンは、仮初めの平和に満足し、外の世界へ出る事を諦めた人々に違和感を覚える。

彼らを「家畜」と呼ぶエレン。

エレンを「異物」と感じる人々。

だが、壁をも超える超大型巨人の出現により

エレンの「夢」も

人々の「平和」も

突如として崩れ去ってしまう…。

出典元

:https://shingeki.tv/season1/

登場人物

エレン・イェーガー

    壁の外の世界を夢見る少年。
    壁外進出を試みる、調査兵団への配属を目指す。
    巨人に対する憎悪が強く、誰よりも強い信念を持つ。

ミカサ・アッカーマン

幼き頃に、エレンに命を救われて以来、常に共に過ごしており、エレンからもらったマフラーを常に巻いている。

ある事件をきっかけに、爆発的な力に目覚める

アルミン・アルレルト

エレンとミカサの幼なじみ。

体力がなく、臆病である自分を嘆いているが、博識で、エレンに外の世界を教えた。

Tさんを魅了した2つの要素とは

冒頭にもお伝えしたように、Tさんはあるきっかけにより、

進撃の巨人に出会い、現在まで魅了され続けています。

それほどまでにTさんを引きつけた魅力とは、一体なんなのでしょうか?

それは、ある2つの要素だったとのこと。

その2つの要素について、紹介します。

1つ目の要素…巨人

逃げ惑う人類と、その人類を追いかけ、食らう。これこそが、

1つ目の要素…巨人です。

Tさんは巨人のどこに、そこまで魅力を感じたのでしょうか?

それは、巨人の見た目です。

あまりにインパクトが強烈だったために、

初めて巨人を見たTさんは、あまりの不気味さに、呆然としてしまったそうです。

人類の何倍も大きく、人類と同じような顔をしていて、表情こそ個体差はありますが、ほとんど変化しないため、とにかく異様です。

表情を変化させず、黙々と人を食べる…

もし巨人が現実世界にいたら、足がすくんで動けなくなってしまいそうですね。

1度見たら絶対に忘れられない、強烈なインパクトのある見た目に、Tさんは魅力を感じたそうです。

2つ目の要素…立体起動

見た目と共に巨人にはもう1つ、大きな特徴があります。

それは、

うなじにある弱点を切り落とす事でしか、巨人を倒す事ができないと言う事です。

Tさんは、

巨人の弱点がうなじにある事はわかったけど、そこまでどうやって辿り着くの?

そう疑問に思い、巨人討伐を不可能だと思っていました。

そこで登場したのがある「装置」です。

圧倒的な機動力で空を飛び回り、素早い巨人の攻撃を何度も避け、

到達する事が不可能だと思っていた巨人のうなじに辿り着き、かっこいいキメ台詞と同時に巨人を討伐している。

Tさんが不可能だと思っていた事が、目の前で実現されたのです。

その光景に目を奪われ、絶望だと感じていた気持ちが、一気に希望に変わりました。

そして、この不可能を可能にしたこの「装置」に心を奪われてしまったのです。

この「装置」こそが、

「立体起動装置」

人類にとっての最終兵器。

そして、「進撃の巨人」

最大の魅力である、2つ目の要素です。

まとめ

「進撃の巨人」の魅力

2つの要素について紹介しました。

1つ目の要素…

見るものに、不気味さと異様さを与える、

強烈なインパクトを持つ巨人の見た目。

2つ目の要素…

Tさんが不可能だと思っていた、巨人討伐を可能にし、希望を与えた、

「立体起動装置」

以上2つの要素が「進撃の巨人」の魅力でした。

立体起動装置を駆使して、巨人を駆逐していく様は、爽快感抜群です。

何話続けて見ても、飽きない魅力がつまっているので、見ようか悩んでいる方もきっと魅了されてしまうでしょう。

ただし、

楽しいからと、一気見すると、

大変な事になるので、ご視聴は計画的に。

「進撃の巨人」が見られる動画サービス

Amazon prime video

U-NEXT

Hulu

FODプレミアム

dTV

dアニメストア

Netflix

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

アニメを見るなら動画配信サービスを利用しよう!

僕はアニメも好きです。

昔はよくビデオやDVDを購入したり、某レンタルショップにを借りに行ってました。

ただ、借りものだと気を使うし、返却期限があるため、見るのを急かされてしまいますよね

それに、そもそもビデオやDVDは見るたびに入れ替えないといけないのが結構おっくうだったりします。

購入すると、やっぱり漫画と同じく場所をとってしまいますし。

しかし、便利な世の中になったもので、今では動画配信サービスでいつでも気軽に数クリックすれば見ることができるようになりました。

月額一定の料金を払えば、好きなアニメが見られます。

しかも、料金もDVDだったら数枚借りれば同じくらいの料金です

DVDだったらその中身のタイトルしか見れないですけど、動画配信サービスなら見切れないくらいの種類の中から選べます

だから、アニメを見るなら動画配信サービスが良いなって思ってます。

とはいっても、動画配信サービスって今はいろいろありますよね。

実は、アニメが見られる動画配信サービスはいろいろ試しました。

その話を記事にしているので、よかったらこちらも覗いてみてください。

アニメが見られるサービスをいろいろ試してみた話はこちら

コメントを残す