漫画紹介

5歳の子が初心を思い出させてくれる漫画 「よつばと!」のおすすめ

よつばと!
引用『よつばと!』特設サイトより
https://dengekionline.com/yotsubato/

「あれ?こないだ同じところで間違い指摘されてたよね?」

「最近、うっかりミスが増えてきたね…どうした?」

仕事においてこんなこと言われたことはありますか?

同じ部署の後輩で中途入社のWくん、彼は今まさにその渦中にいます。

彼は入社して1年ほどたった20代後半の爽やか青年。入社当初はきっちり仕事を覚えてバリバリ仕事をしていました。

ところがここ数ヶ月、どうもその動きが鈍くなり、ミスを連発。かつてはキラキラしていた目の輝きも今ではどんより…

何かプライベートで辛いことでもあったのかと思い本人や周囲に何気なくリサーチするもそんなことはなく…。

このままではきっと彼が辞めてしまうのではないか…そんな不安が頭を過ります。

僕は彼の教育係だったのでとても悩みました。彼の仕事ぶりを観察し、ある原因に行き着きました。

「初心を忘れてる」

彼の仕事ぶりを見ていると、なんとなく惰性で仕事をしてるのが丸わかりでした。

ただそんな彼がある1冊の漫画をキッカケに、当時の爽やか青年に変わることができました。

後に彼からきっかけとなった漫画を聞くことができたので、今日はその「よつばと!」を紹介します。

「よつばと!」とは

「よつばと!」は「あずまんが大王」の作者でも知られるあずまきよひこさんによる漫画で、2003年5月から連載中のコメディ系漫画。

主人公は5歳の女の子よつば。彼女がとーちゃんやとーちゃんの友人のジャンボ、やんだ、お隣さんの綾瀬家など色々な人との日常の中でたくさんの「初めて」を「経験」し、その「気づき」や「成長」、その「感動」を描く作品です。

5歳の不思議な女の子とーちゃん
引用『よつばと!』特設サイトより
https://dengekionline.com/yotsubato/

ちょっと変わった5歳のよつばの感性やしぐさ、周りとの関わり方がとてもほっこりする、癒し系ホームコメディというところでしょうか。

5歳 女の子の日常を描く作品の魅力

Wくんはたまたま実家の姉が読んでいるのを見てこの作品を知りました。

初めはただの暇つぶしで流し読みをしていたのですが、読んでみるとすっかり読みふけってしまったそうです。

特に惹かれたのは5歳の女の子であるよつばの純粋な表情、リアクション、表現、全てにおいて「全力」な所

「よつばと!」は余計な台詞回しなどがなく、絵とコマ割でその時の雰囲気やキャラの感情を表現しています。

特に「目」の描き方がとても多彩で、「嬉しい」「ビックリ」「楽しい」「悲しい」「落ち込んでる」「怒ってる」という全ての喜怒哀楽をセリフではなく表情で伝えている描写が多かったのです。

驚きと期待の表情驚きと恐怖
引用 ComicWalkerHPより
https://comic-walker.com/viewer/?tw=2&dlcl=ja&cid=KDCW_AM05000042010001_68

ここからはWくんが初心を思いだしたきっかけを紹介していきます。

初心を思いだしたエピソード①「初めて」のことに果敢に挑戦する

よつばは今住んでいる所に引っ越してきたばかり。しかも遠い所で田舎(島?)から来たそうで、見るもの全てが「初めて」。

ブランコ、インターホン、バス、動物園…

目に映るもの全てが新鮮なのでしょう。

ブランコを初めて見た時、乗り方を教わると早速1人で乗り始め、そこからジャンプして着地したり、

バスというものを教えてもらった瞬間、1人で乗って行ってしまったり、

動物園では触れられる動物には物怖じせず触りに行ったり、

ちょっと躊躇しそうな事でも何でもやろうとする。

何でも物怖じせずやろうとするよつばがたくさん見られます。

漫画を読むのにおすすめ電子書籍サービス

ebookjapan

約50万冊の本を配信
・他のサイトになくても探せばある場合が多い
Yahoo!プレミアム会員だとよりお得に使える
・初回登録特典で6冊まで半額になるクーポンがもらえる

ebookjapan

BookLive!

配信数は100万冊以上
無料で読める漫画も、1万8000冊以上
・多彩な絞り込み検索、複数端末で同期できるしおり機能など、使いやすさNo.1

BookLive!

 

他にもスマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話はこちら

初心を思いだしたエピソード②何でも「楽しむ」こと

お家で遊んで過ごしていると、雷が鳴ってきたことによつばが気づきます。

すると急いで長靴をはいて外に飛び出します。

周りが「濡れちゃうよ」と心配してると、玄関先でバンザイをしているよつばに、土砂降りの大雨が降り注ぎます。

「あーあ」と言わんばかりですが、当の本人は「おおー!すっげー!」と大はしゃぎ。もうずぶ濡れ状態です。

心配する周りにただ1人とーちゃんは

「だいじょぶだいじょぶ。あいつは何でも楽しめるからな。よつばは無敵だ」

と言います。


引用 Twitter

よつばは全てのことに対して「全力」で、「楽しもう」としてるんですね。

実は作品自体のキャッチコピーが「いつでも今日が、いちばん楽しい日」だそうです

Wくんの変化

Wくんはひとしきり読んだ後、ふと思います。

「最近、全力で何かやってるかな」

「やってる事を楽しめてるかな」

そして仕事のことを思い出します。

…なんかよく分からないけど言われたからやっている

…初めてのことは、よく分からないから後回しにする

…何か問題が起きたときに周りのせいだけにする

…仕事で結果が出た時、嬉しいという気持ちが薄くなっている

最近の自分は、入社当時に全力でやっていた頃から比べ、遠くかけ離れている姿でした。

「あの時の気持ちを思い出そう」

Wくんが、変わろうと思った瞬間でした。

それからWくんは入社当時のころの手帳やノートを引っ張り出して読み漁ったそうです。

その時の気持ちを思い出しながら…

まとめ

5歳の女の子に多くを気付かされる作品

Wくんが忘れていたものを思い出すきっかけになった「よつばと!」

主人公よつばのいつも純粋で全力な姿が大人の私たちが忘れていた何かを思い出させてくれます。

初めてのことに挑戦する

全力で楽しむ

子供の頃に出来ていたのに気づけば忘れていたり、出来なくなっていることは沢山あると思います。

ですが、それはちょっとした考えや気持ちの切り替えで思い出すこともできるように思います。

「よつばと!」は何気ない日常を描く作品で、激しい起承転結や派手な演出はありません。

ですが一人一人の心に投げかけ、大切な何かを思い出させてくれます。

漫画を読むならスマホで!

漫画はシリーズによっては何十巻ともなるし、それを保管するとなると部屋の中の保管場所に困りますよね。

僕も、電子書籍が普及する以前は、すぐに本棚がいっぱいになって部屋の隅から机の隅にまで漫画が積まれていました。

さすがにそれではまずいと思い、泣く泣く売りに出したことも。

それに、外で読もうと思うと荷物になるので持ち運びも大変です。

1冊ならまだしも、何冊ともなるとカバンの中がかさばって場所をとるし、移動するにはちょっとした重さが結構負担になります。

肩掛けカバンだと30分もすると取手が肩に食い込んで痛くなります。

なので、スマホで漫画が読める電子書籍サービスは本当に助かってます

スマホであれば普段から持ち歩くし、外出の際も楽ちんです!

ここでは僕のよく使うサービスを2つお伝えしますね。

ebookjapan

約約50万冊の本を配信しているebookjapan。

ブログの運営もあって、いろいろ漫画を探したりしますが、「ほかのサイトにはないのにebookjapanにはある」といったことも多かったです。

シリーズごとにまとめてくれる機能も重宝してます。

Yahoo!プレミアム会員だとよりお得に使えるので、無料でプレミアム会員になれるソフトバンクユーザーには特におすすめです。

初回登録特典で6冊まで半額になるクーポンがもらえますよ!

ebookjapan

BookLive!

CMでもおなじみのBookLive!

配信数は100万冊以上あり、無料で読める漫画も、1万8000冊以上あります。

ebookjapanで見つからなかった漫画も電子書籍化されていない限りあるんじゃないかと思うくらい配信してくれてますね。

使いやすさNo.1に選ばれているように、多彩な絞り込み検索、途中まで読んだところまで、複数端末で同期できるしおり機能など、便利な機能があります。

漫画を隙間時間にちょこちょこ読み進めるなら特におすすめできます。

BookLive!

実は、僕はいろいろな電子書籍サービスを試しました。

そのことを記事にしているので、よかったら見ていってくださいね!

サービスをフル活用してお得に漫画を読む方法もお伝えしています!

スマホで漫画を読めるサービスをいろいろ試した話

コメントを残す